ここから本文です

若き日のあの人の姿も! コーチェラで見つけたおしゃれクイーンたちの歴代フェスルック5選

4/14(日) 22:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

毎年、カリフォルニア州インディオの砂漠地帯、コーチェラ・ヴァレーにて2週に渡って開催されるアメリカ最大級のミュージックフェス「コーチェラ・フェスティバル(Coachella Valley Music And Arts Festival )」が、今年も現地時間4月12日から開催されている。日本時間15日に登場予定のアリアナ・グランデをはじめ、豪華アーティストたちによるパフォーマンスと同じくらい注目を集めるのが、会場に集結するAセレブたちのフェススタイル。彼女たちがこれまでにコーチェラで見せた、歴代フェスルックを振り返ってみよう!

【画像】春コーデの参考に! ブランカ・ミロ・シミエリの1か月コーデ集

1 ビヨンセ(2010年)

歌姫ビヨンセもTシャツとデニムショーツのカジュアルコーデ。ただしTシャツはオフショルで、ショーツも限界ギリギリの短さにカットしてセクシーアピールは抜かりなく。

2 リリー・コリンズ&エマ・ワトソン(2012)

イギリス人女優のリリーとエマは、プリントドレスにチャレンジしてフェスを謳歌。

3 カーラ・デルヴィーニュ、ポピー・デルヴィーニュ、シエナ・ミラー(2014年)

オーバーサイズのTシャツにデニムショーツ、レトロなビキニ、アンクルブーツ、そしてポップなサングラスさえあれば、フェスのおしゃれクイーンに!

4 リリー・ローズ・デップ(2015年)

リリー・ローズのコーチェラデビューは、ネイビーのセットアップ。

5 ジジ・ハディッド(2018)

ジジはホワイトデニムのホットパンツで降臨。シャツの抜け感ある着こなしやチェーンベルトの足し算で、ホワイトのワントーンをフェス仕様に攻略。

最終更新:4/14(日) 22:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年9月号
2019年7月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事