ここから本文です

女性が安全に海外で一人旅をするための方法

4/14(日) 17:10配信

ライフハッカー[日本版]

護身術を身に着ける

DePecolさんは格闘術の道場で護身術の訓練をしています。しかし、暴漢を物理的にやっつけることは、誰にでもできることではありません。ですから、これは間違いなく最終手段です。ただ、自分の身を守る基本的な動作を知っておくと役に立ちます。

護身術クラスの多くは、女性が抱きつかれたときの振り払い方や口論に勝つ方法を教えています。もちろん黒帯レベルまで上達する必要はありません。

旅先で知らない人と接するときの注意点5つ

NesbittさんとRivers-Mitchellさんが、旅先で知らない人に接するときの留意点をリストアップしてくれました。

女性は自分が選んだ人とだけ口をきけばいいのであって、誰にでも丁寧に接する必要はないとNesbittさんは言います。

1: プライベートな空間より、公共の空間にいる方が安全
出会ったばかりの人と人気の無い場所に行くべきではありません。

2: 口を利く相手は自分で選ぶ
誰かに話しかけられたら応じるのではなくて、話す相手は自分で直感的に選びましょう。

3: 必要なときは地元の人たちの助けを借りる
感じの悪い界隈に入り込んでしまったら、立ち止まって地元の人に助けを求めてください。危険なエリアかどうか、地元の人なら教えられます。

4: 急いで決断しない
詐欺師は相手に考える暇を与えないようにして、だまします。ですから、何事もよく考えてから決めましょう。

5: ときには無礼な態度を取ることも必要
どんなに断っても相手が受け入れないときは、無礼に振る舞ってでも安全を確保しましょう。相手が気を悪くするのでは、と気にしている場合ではありません。

安全を優先したうえでコミュニケーションを楽しもう

Rivers-Mitchellさんは、まず宿泊施設のスタッフと仲良くなって、地元の人しか知らないことを教えてもらうようにしています。

旅先のバーやレストランで、人がまばらになってきたら、そろそろ帰るべき時間です。

また、知らない人がこちらのことを詮索してきても、一人旅をしているとか、どこに宿泊しているかなどを教える必要はありません。友だちを作らないようにするわけではなくて、安全対策です。

旅行中は、知り合いが紹介してくれた人以外とは、深く関わらないようにしています。

Rivers-Mitchellさんは、以前訪れたことがある場所を再訪して、そこで快適に過ごしながらスタッフと親しい関係を築くことも一案だと言います。

旅は冒険ですが、慣れ親しんだ環境でリラックスしながら、人とのつながりを深めることが必要なときもあります。

Image: GettyImages

Source: The New York Times, UN Women, Black Girls Travel Too, Solo Traveler, Solo Traveler Society / Facebook, Forbes

Aimee Lutkin - Lifehacker US[原文]

訳:春野ユリ

4/4ページ

最終更新:4/14(日) 17:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事