ここから本文です

メーガン妃&ハリー王子の赤ちゃんの称号はどうなるの? 称号を与えずに育てる可能性も

4/14(日) 23:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ハリー王子とメーガン妃の第一子誕生が迫ってきた。ところで、子供の正式な称号はどうなるのだろう? いとこのジョージ王子をはじめ、シャーロット王女やルイ王子と必ずしも同じ称号を持つことにはならないだろう。そこで、どんなことが考えられるか、以下にまとめてみた。

【写真】 出産までカウントダウン! メーガン妃のマタニティコーデ全ルックを一挙総覧

公爵(Duke)もしくは公爵妃(Duchess)の称号は?

ロイヤルウェディングの日、ハリー王子にHRH(His Royal Highness)サセックス公爵、ダンバートン伯爵、キルキール男爵という正式な称号を与えられた一方、メーガン妃はHRH(Her Royal Highness)サセックス公爵妃となった。しかし、だからといって彼らの子供たちがみな、同じ称号を受けることにはならない。

公爵は男性の後継者だけが受け継ぐ称号だと、『People』誌は報じている。もし夫妻に男子が生まれなければ、その称号は“消滅”する(あるいは、セレブニュースの『PopSugar』によると、遠縁の男子に譲られる)。一方、“公爵妃”は娘には受け継がれない。これは結婚によって受ける称号だからだ。

そもそもハリー王子とメーガン妃がサセックスの称号を得たのも、この前例に倣ってのことだった。最後のサセックス公爵は、国王ジョージ3世の第9子オーガスタス・フレデリック王子(1773~1843)。ハーパーズバザーUKによると、王子とレディー・オーガスタ・マレーが離婚したため、子供たちでさえ公爵の称号を受け継がなかった。そこで、サセックス公爵という称号が”空席状態“になっている数少ない称号のうちのひとつだったため、エリザベス女王がハリー王子に授けたのだ。

エチケット関係の専門会社デブレッツのエチケット専門家によると、「王室の血を受け継ぐ王子には普通、成人に達した時か結婚すると間もなく、公爵の地位が作られます。

王子(Prince)もしくは王女(Princess)は?

サセックス公爵夫妻の子供は、王子にも王女にもならない。1917年に国王ジョージ5世が出した特許状に、こう書いてある。

「直系男子の国王の息子の孫たちが公爵の子供たちが享受するスタイルと称号を持つことができる」

つまり、エリザベス女王のひ孫たちはRH(ロイヤル・ハイネス=王子や王女)にはなれないということ。プリンス・オブ・ウェールズの長男の長男だけが、“王子”と呼ばれるのだ。残りのひ孫たちにはレディやロードの称号が与えられ、姓はマウントバッテン=ウィンザーを名乗ると理解されていると、『The Independent』紙は報じている。

もし、ハリー王子とメーガン妃の第一子が男子なら、その子の称号はダンバートン伯爵になる。なぜなら、それがハリー王子が結婚式の日に授けられた称号の中で位の低いほうの称号のひとつだからだ。もし女の子であれば、称号はレディ・(名前)・マウントバッテン=ウィンザーとなり、第二子や第三子ができた場合も、みな、レディまたはロード・(名前)・マウントバッテン=ウィンザーという呼び方になる。

1/2ページ

最終更新:4/14(日) 23:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事