ここから本文です

インデックス投資の父が語った、僕たちでも富を築く方法

4/14(日) 21:12配信

ライフハッカー[日本版]

5兆ドルを運用するバンガード社の創業者で、個人投資家向けのインデックス・ミューチュアルファンドを初めて設定したジョン・C・ボーグル氏が、1月16日にこの世を去りました。享年89歳でした。

【画像】インデックス投資の父が語った、僕たちでも富を築く方法

インデックス投資の父

金融の世界でボーグル氏(ジャックと呼ばれ親しまれていた)ほど、一般投資家に大きな影響を与えた人物を思いつくことができません。

同氏が設定したインデックスファンドと、じっくり腰をすえて投資を行うという原則のおかげで、私やあなたのような個人投資家が、金融業界の魑魅魍魎たちに振り回されることなく、大きな富を蓄積できるようになったのです。

ボーグル氏は、ほんとうの意味で、一般投資家のポケットに何十億ドルものお金を戻してくれた人物だといえます。New York TimesのRon Lieber氏は、「彼のおかげで、一体どれだけの人びとが、どれだけのお金を増やすことができたのでしょうか? 彼のような人物を持てた私たちは幸せです」とツイートしています。

一般人こそやるべきインデックス投資

不幸にもボーグル氏の哲学に触れたことがないという人は、先日米Lifehackerで掲載した、ボーグル哲学についての解説記事をチェックしてください。富を築くには、ほんのわずか(2つか3つ)の低コストなミューチュアル・ファンドに投資するだけでいいのです。

同氏の基本的な考え方は、自分の代わりに株を選んでくれたり、市場を打ち負かすタイミングを測ってくれる人にお金を払う必要はないというものです。なぜなら、そうした人に頼んでも結果は期待通りにはならないからです。とくに長期で見た場合はそうです(それを裏付ける調査もある)。

そうするかわりに、株式市場を幅広く追跡し、腰をすえて投資を行えば、少なくとも市場の動きに合わせて動いていくことができます。そして通常、かなりいい結果が得られます(歴史的に見れば、株式市場の価値は高まり続けている)。

資調査会社のモーニングスターも、「通常、インデックスファンドを選んでおけば、平均よりも高い収益が得られる」と説明しています。ボーグル氏が初めて設定したインデックスファンドはバンガード500と呼ばれ、S&P500(米国の大手企業500社から構成される)を追跡するものです。このファンドは今でも健在で、とても良い結果を出しています。

1/2ページ

最終更新:4/14(日) 21:12
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事