ここから本文です

松坂桃李、30歳の恋愛観「ひとりの大人として、いい恋愛をしていきたい」

4/14(日) 18:00配信

週刊女性PRIME

「車イス生活を送っている役なので、お借りして実際に乗って家で過ごしてみたんです。乗った瞬間、世界がちょっと変わった気がしましたね。スロープがいかにありがたいか……。そもそも目線も違うし、落としたものもとれない。本当にわずかな段差にも勇気がいるんです」

【写真】美しい…! 憂いを帯びた松坂桃李の横顔

 新ドラマ『パーフェクトワールド』で下半身が不随となった主人公・鮎川樹を演じる松坂桃李(30)。障害という難しいテーマを扱ったラブストーリーとなるが、

「見ていて苦しくなる描写もあると思うんですが、それだけだと見ている方はつらくなってしまうので。メリハリをつけて、伝えなければならないことはちゃんと伝えて、楽しめるところは思い切り楽しんでいきたいです」

 と笑顔を見せる。実は、松坂が連ドラで純粋なラブストーリーに挑むのは今回が初。

「純粋と言っても、学園ものとは全然違います。僕は特に働いているカップルに見てほしいなと思っていて。身体の障害だけではなく、大人の恋愛って乗り越えなければならない試練みたいなものがけっこう出てくるじゃないですか。いわゆる“夢”だけでは恋愛できないし、相手のことはもちろん、相手のその先、周りのことも考えざるをえない。そういう人たちにとって、何か励みになる作品になればいいなと思っています」

 大人の恋愛に“障害”はつきもの。そんな恋愛をしてみたいと思う?

「そうですね。(少し考えて)できれば平和な恋愛をしたいですけど(笑)。でも年齢が上がれば上がるほど現実と向き合わなければならないと思うんです。それはもちろん、相手のことが好きだからこそ。僕ももう30歳になったので、例えば、そういった障害が立ちはだかったとしても、乗り越えていきたいですね」

同窓会に呼ばれたことがない!?

 今回のドラマは、高校時代の同級生だったヒロインと再会するところからストーリーは始まるが……。

「再会から始まる恋とか、いいですよね。再会と言えば同窓会ですが、僕、1度も呼ばれたことがないんです(笑)」

 そんな松坂には高校時代、恋に焦がれた同級生がいたそうで、

「マドンナ的な存在の子がおりまして。でも思いを伝える前に先輩とお付き合いをしていたので、僕の恋は叶(かな)わなかったんです。ウワサでは、どうやらその子はCAをやっているようで。仕事で飛行機に乗る機会も多いので、そこで再会するかも……と期待しちゃったりして(笑)」

 と冗談まじりに話す。30代に突入し、早くも半年。最後に今の恋愛観について、こう語ってくれた。

「30代で付き合うとなれば、結婚とか、子どもが欲しいなとか考えてしまうと思います。恋愛すると同時に、“家庭を持つ”という考えが出てくるかと。ひとりの大人として、いい恋愛をしていきたいですね」

1/2ページ

最終更新:4/14(日) 18:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/4号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい