ここから本文です

【名古屋】ジョーが開幕戦以来の待望の一発!ゴールパフォーマンスに込めた想いとは?

4/14(日) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

「自分のスタイルを変えずに仕事をしたい」

[J17節]横浜1-1名古屋/4月13日/日産ス
 
 1-1のドローに終わった横浜との一戦で、名古屋のエース・ジョーが開幕戦以来のゴールを決めた。歓喜に沸いたのは8分。右SBの宮原和也が奪ったPKのキッカーを務めると、右に飛んだGKの逆を突いて冷静にネットを揺らした。
 
 昨季の得点王は、開幕戦の鳥栖戦で2ゴールと幸先の良いスタートを切ったが、その後は、相手の激しい守備にも苦しめられ、リーグ戦で5試合連続の無得点と沈黙していた。もっとも焦りはなかったという。
 
「特別なプレッシャーは感じていませんでした。チームとしてチャンスを作ることはできていたので、もう少し時間があれば決めることができると思っていましたし、実際に今日、ゴールを奪えました。これからも自分のスタイルを変えずに落ち着いて仕事をすることが大事です」
 
 待望の一発は、チームメイトに捧げる祝砲ともなった。ゴール後には仲間たちとゆりかごダンスを披露。このパフォーマンスにはある想いを込めていたという。
 
「先日、シン(中谷進之介)に子どもが生まれて、試合前にゴールを決めたらやってほしいと頼まれていたんです。だから実際にやることができて良かったです。
 
 グランパスは本当のファミリーのように仲が良くて、雰囲気も非常に素晴らしいんです。だからチームメイトであるシンの喜びを僕も一緒に分かち合いたかったんです」
 
 元ブラジル代表で欧州での経験も厚いジョーが認める名古屋の選手たちの絆。チーム好調の要因はこういうところに隠れているのかもしれない。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜FM 1-1 名古屋 PHOTO】白熱の攻防戦は両ブラジル人FWがネットを揺らすも決め手を欠きドロー終了・・・

最終更新:4/14(日) 10:40
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事