ここから本文です

ロマチェンコ、衝撃KOの試合後に見せた“粋な行動”に海外感動「リング外でも一流だ」

4/14(日) 9:21配信

THE ANSWER

4回TKO勝ち後にクロラの元を訪れ…敵国メディア感動「真のスポーツマンシップ!」

 ボクシングのWBA・WBO世界ライト級タイトルマッチ12回戦は12日(日本時間13日)、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が元WBA同級王者アンソニー・クロラ(英国)を4回TKOで下し、WBAは2度目、WBOは初の防衛に成功した。最後は強烈なワンツーで相手を卒倒。衝撃のKOを飾ったが、試合後に敗れた相手のもとを訪れ、健闘を称え合うという粋な計らいを披露。クロラの母国メディアが動画付きで公開し、「確実にメイウェザーより素晴らしい」「紳士」「リング外でも一流だ」と感動が広がっている。

【動画】「リング外でも一流だ」と海外感動! クロラの元を訪れ、取った行動は…ロマチェンコが衝撃KO後に演じた“粋な行動”の実際の瞬間

 最強のファイターは、品格も一流だった。4回、ロマチェンコはクロラをロープ際に追い込み、最後はワンツーで右フックをこめかみに打ち込んだ。たまらず、うつ伏せに倒れ込んだクロラ。そのまま立ち上がることができず、主審が試合を止めた。視線は焦点が定まらず、表情は生気を失っていた。ロマチェンコの強さが際立った試合後、王者はある行動に出ていた。

 実際のシーンを公開しているのは、英衛星放送「スカイスポーツ」のボクシング版公式ツイッターだ。シャツを着たロマチェンコが訪れたのは、クロラのもとだった。相手の肩に手をやり、健闘を称え合うように声をかける。ダメージが回復した様子のクロラも笑顔で応じ、「サンキュー」と返答。ロマチェンコはサムアップポーズを作り、最後は手を握って別れた。

 見守っていた関係者かも自然と拍手が沸き起こったシーン。投稿は「真のスポーツマンシップ! 試合後、ワシル・ロマチェンコがアンソニー・クロラを確認」と記して紹介すると、目の当たりにした海外ファンから称賛の声が上がっている。

「素晴らしい人格」「2人とも尊敬するよ」「リング外でも一流だ」

「一流。確実にメイウェザーより素晴らしい」
「トップクラス」
「一流の行い」
「素晴らしい人格」
「2人とも尊敬するよ」
「リング外でも一流だ」
「紳士」
「私の人生において、恐らく彼は最も素晴らしい完璧なファイター」

 返信欄では、このようにロマチェンコが演じた振る舞いに敬意が向けられていた。「パウンド・フォー・パウンド」で最強と評されるファイターが見せた粋なスポーツマンシップ。強さを発揮したリング外でも、評価を高めることになった。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/14(日) 9:55
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事