ここから本文です

ザギトワ、チュチュ姿のマサルは念願だった 「絶対に着せようと…」と秘話明かす

4/14(日) 21:03配信

THE ANSWER

ロシア番組にマサルと出演、近いうちに日本のショーに連れて行く希望明かす

 フィギュアスケートの平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がロシアの人気番組「ヴェーチェルヌイ・ウルガント」に出演。ザギトワの衣装を模したチュチュ姿の愛犬マサルと共演し、話題を呼んでいるが、放送された番組ではお揃いの衣装を着せることが飼う前からの念願だったと告白。日本に連れていく計画も明かしている。

【画像】このチュチュ姿は念願だった!? 「マサルが大きい!」と10万大反響…ザギトワが公開した“お揃いコーデ”の実際の写真

 出演に際し、インスタグラムでチュチュ姿の愛犬マサルと赤で統一した“お揃いコーデ”の写真をアップし、話題を呼んでいたザギトワ。ロシアでマルチタレントとして知られるイワン・ウルガント氏が司会を務める人気番組でマサルに対する愛を語った。

 番組が始まり、ザギトワとマサルが登場。挨拶を交わした司会者から「私たちをワンちゃんに紹介して下さい」と促され、「全くの偶然で私は彼女をプレゼントされました」と答えたザギトワ。秋田犬が好きとインタビューで語ったこと、親に五輪でいい演技をしたら飼ってもいいと言われたことなど、日本からの贈呈の経緯を明かした。

 ただ、今回登場したマサルは平昌五輪のフリーで演じ、金メダルを獲得した際の赤いチュチュ姿の衣装を模したドレスを着ている。そのことについて問われると「日本で私は雑誌でこの美しい犬を見ました。そして、その後に私のロッカーに(平昌五輪の)自分の衣装が吊るされたんです」と明かし、続けて驚きのエピソードを明かした。

マサルを初めてリンクに連れて行ったら「彼女はなぜか走り始めず…」

「そして、私は自分に言ったんです。『もし秋田犬を飼ったら、絶対にこの衣装を着せよう』と」。マサルを飼う前から衣装を着せることは念願だったというのだ。また、近いうちに日本のショーに連れて行く希望を明かし、司会者から「彼女はあなたがスケートをする姿を見るのが好きですか?」と問われると、マサルとの秘話も語った。

「彼女は自分で滑ります。きっと彼女はそこ(日本)でリンクに出るでしょう。私が彼女を初めてリンクに連れて行った時、彼女はなぜか走り始めず、リンクを舐め始めたんです。とっても変でしたけど、もちろん、その姿も好きになりました」。ユーモアを交えながら、マサルとの日常に巻き起こる出来事を愛情たっぷりに披露していた。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/14(日) 21:03
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事