ここから本文です

ベジクタシュ香川、絶妙ループシュート披露! 首位イスタンブールBB撃破で4連勝に貢献

4/14(日) 2:56配信

Football ZONE web

後半20分から香川が途中出場、先制点を献上するもベジクタシュが逆転勝利

 日本代表MF香川真司が所属するトルコ1部ベジクタシュは現地時間13日、リーグ第28節で首位のイスタンブール・バシャクシェヒル(BB)と対戦し、2-1と逆転勝利を収めた。香川は後半16分から途中出場し、絶妙なループシュートを放つなど会場を沸かせた。

 試合は前半35分、元ブラジル代表FWロビーニョに先制ゴールを献上。しかし前半42分、右CKからこぼれ球に反応したカナダ代表MFアティバ・ハッチンソンが同点ゴールを流し込むと、後半7分には右クロスに反応したトルコ代表FWブラク・ユルマズが豪快な一撃でベジクタシュが勝ち越しに成功した。

 後半16分、元チリ代表MFガリー・メデルに代わって香川がトップ下で出場。すると同20分、香川が相手GKに対してプレシャーをかけると、クリアボールからセルビア代表FWアデム・リャイッチとのパス交換で相手ペナルティーエリア手前に侵入した。最後は左足で華麗なループシュートを放つも、これはわずかにゴール上へ外れている。

 その後は一進一退の攻防が続いたなか、香川はボールを散らしながらゴール前に迫るシーンを作り、終了間際には絶妙クロスからユルマズのシュートを演出。香川はゴールに絡めなかったものの、ベジクタシュはリーグ戦4連勝を飾るなど好調をキープしている一方、首位イスタンブールBBは14試合ぶりに敗戦した。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/14(日) 3:07
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事