ここから本文です

ユネスコ無形文化遺産にも登録!岐阜県飛騨市で「古川祭」開催

4/14(日) 11:30配信

ウォーカープラス

岐阜県飛騨市の古川市街地で4月19日(金)・20日(土)の2日間、「古川祭」が開催される。

【写真を見る】天下の奇祭ともいわれる起し太鼓

毎年4月19日・20日に行っている気多若宮神社の例祭。神社本殿での神事および古式ゆかしい「御神興行列」、数百人のさらし姿の裸男たちが大太鼓をくくりつけた櫓をかついで町中を巡回する“動”の「起し太鼓」、絢爛豪華な屋台でからくりや子供歌舞伎などを披露する“静”の「屋台行列」の三大行事で構成され、2日間に渡って盛大な時代絵巻を繰り広げる。

また、起し太鼓、屋台行列は「山・鉾・屋台行事」のひとつとして、2016年にユネスコ無形文化遺産にも登録されている。

担当者は「古川祭といえば19日夜の起し太鼓が有名ですが、20日夜は、祭の締めともいえる夜祭(よまつり)が執り行われます。10台の屋台は夜のために提灯を付け、昼間ともまた違った顔を見せながら町を練り歩きます。前日とは打って変わって、静かに光を灯しながら町を行く様子は、写真に収めておきたい光景です」とおすすめポイントを話す。

世界遺産にも登録される、伝統ある祭りは必見。毎年訪れているという人も、まだ見たことがないという人もぜひ訪れよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

最終更新:4/14(日) 11:30
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京・最強コスパ飯
焼肉の名店
カジュアル借金のワナ
美術館カフェに行こう。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事