ここから本文です

落合博満がホームランで史上最年長の2000安打達成(1995年4月15日)

4/15(月) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1995年4月15日だ。

【連続写真】落合博満「神主打法で3度の三冠王に輝く最強スラッガー」

 東京ドームで行われた阪神戦の6回裏、先頭で打席に入った巨人の落合博満は久保康生が投じたスライダーを巧みにすくい上げた。打球はバックスクリーン左に飛び込む一発。これが落合にとってプロ野球史上27人目の2000安打となった。41歳4カ月での達成は92年7月に40歳2カ月で達成した近鉄の新井宏昌を抜く最年長記録だった。

 1000、1500、2000本の目の安打をすべて本塁打で飾ったのはさすがと言うべきか。ただ、落合の初安打はロッテ1年目、79年5月30日の南海戦で25歳5カ月のとき。「4、500本打てれば」というのがプロ入り当時の正直な気持ちだったというが、年齢を考えればそれは当然だろう。しかし、そこから“オレ流”を貫き、3度の三冠王となり、中日を経て、94年に巨人の一員となって大記録に届いた。

 試合後の記者会見で「(名球会は)任意団体だから入る自由もあれば、辞退する自由もある。名球会入りを目指して野球をやってきたわけではない」と話し、ここでも“オレ流”を貫いた落合。「今は野球が面白くて仕方がない。45歳までやるよ」と新たな目標を定めた。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/15(月) 11:14
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事