ここから本文です

レニー・クラヴィッツのパフォーマンスも! カリーヌ・ロワトフェルドが自身初のランウェイを開催

4/15(月) 19:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

CRファッションブックの編集長でもあるカリーヌ・ロワトフェルドが、今年の6月に自身初のランウェイである「CR Runway x LuisaViaRoma 」を行うことが決定した。カリーヌ初のショーはイタリアのセレクトショップ「ルイーザヴィアローマ」が今年90周年を迎えることを記念するものであり、ショップのCEOを務めるアンドレア・パンコネージとタッグを組んで行われる。このショーは今年の6月13日にフィレンツェで開催される予定で、90年代を代表するシンガーであるレニー・クラヴィッツによるスペシャルパフォーマンスも!

【写真】カリーヌ・ロワトフェルドのスタイルを表す8つのキーワード

CRランウェイは歴史あるミケランジェロ広場で開かれ、一般人5000人が招待される予定。このランウェイでカリーヌは、2019-20AWコレクションを歴史的なランウェイの瞬間を彷彿とさせるものになるようにモデルたちを演出する。このカリーヌのショーは、クレア・ワイト・ケラーにとって初の単独ショーとなるジバンシィのメンズショーとラフ・シモンズとスターリング・ルビーのコラボレーションデビューとなる、ピッティ・イマージネ・ウォモの開催期間中に行われる。

挑戦的な90のルックはカリーヌ自身の1990年代に対する尊敬の表れで、究極にグラマーでセクシーな時代を称えるものである。ショーに登場するモデルはピエルジョルジオ・デル・モロによるキャスティング、音楽はサウンドディレクターであるミシェル・ゴベールが担当。さらにミュージカルパフォーマンスが予定されている。

「ナンバーは私にとってすごく重要なもの。今回のプロジェクトは“90”がキーになっているの」と、カリーヌは語る。「今年ルイーザヴィアローマは90周年を迎え、ショーに登場する90のルックはアートとファッションの歴史のなかで決して無視することのできない90年代からインスピレーションを得たもの。素晴らしいスタッフが、過去のトップモデルによる歴史的なランウェイの瞬間を再現し、ミュージカルパフォーマンスは見ている人が人生へのノスタルジアを感じるものとなるはずよ」と説明。

カリーヌはここ数年、カンヌ国際映画祭の会期中に行われる米国エイズ研究財団amfARのチャリティーランウェイのスタイリングは担当しているが、長年の夢であったカリーヌ自身の名を冠したランウェイがついにフィレンツェで現実のものとなる。なお、ショーはフィレンツェの街でライブ配信される予定だ。

By Summer Lin

Translation: Kanako Wakabayashi From CR Fashion Book US

最終更新:4/15(月) 19:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年6月号
2019年4月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事