ここから本文です

「食の未来」を昆虫食に託す前に、わたしたちが解決すべきこと

4/15(月) 19:05配信

WIRED.jp

世界では20億の人々が、少なくとも約2,000種類の昆虫を食用にしている。昆虫は環境に優しく、栄養価も高い。また、コオロギの飼料要求率(動物の体重を一定量増加させるために必要な飼料の重量)は豚や鶏の半分、牛の12分の1だ。

実録:「昆虫食」だけで2週間を過ごしてみた

今後数十年、地球で90億の人類を養うことになるとすれば、昆虫は夕食にうってつけだ。国連だって同じことを言っている。

だが、ここで冷静になって現状を見てみよう。

実は未解明な点が多い昆虫食

コオロギや甲虫といった昆虫は、確かにプロテインなどの栄養素が豊富である。とはいえ、人類がすでに食べているそうした昆虫は野生で捕獲されたものが多く、消費量も比較的少ない。国連の予測のように昆虫食が大規模に普及する未来は、まだ来ていないのだ。

もちろん、工場方式で大量の昆虫を生産・生育し、出荷することは可能である。しかし、そのためには多くの飼料が必要になり、多くの排泄物も生じる。問題は昆虫学から倫理面まで幅広い。

「実のところ、われわれは昆虫食についてあまり理解できていないのです」と言うのは、ウプサラにあるスウェーデン農業科学大学の生態学者オーサ・ベルグレンである。ベルグレンは、昆虫ベースの料理がどれほど持続可能かものなのかを研究している。

「あまり理解できていない」と言われても困惑せざるを得ない。人類の食料システムの持続可能性は、すでに危機的状況に向かっているからだ。

ヴィーガン(完全菜食主義者)の人々は、待ってましたとばかりにこう言うだろう。人類が食べる動物性タンパク質を増産する世界的システムは破綻しているのだ、と。

現在の食用肉生産は非効率で問題も多い

人間は食肉用動物に与える飼料を育てるために、世界中の農地の77パーセントを使っている。それなのに、食肉用動物から得られるカロリーは全体の17パーセント程度しか占めていない。

また、家畜は地球温暖化の原因となる温室効果ガスの14.5パーセントを排出している。食用豚は世界的大流行を引き起こすインフルエンザウイルスの保菌動物になりうるし、養鶏は抗生物質耐性菌の増殖を促進する。そして食用豚から出る大量の排泄物は、米南部にハリケーンが到来するたびに脅威となっている。

とはいえ、こうした問題は動物性タンパク質それ自体の問題ではなく、スケールや資本主義の問題だ。そして未来に向けて昆虫を食料にする試みもまた、あらゆる面で産業化しつつある。ベルグレンによると、欧州にはすでに「昆虫を大量に飼育するための、まるで航空機の格納庫のように巨大な施設」を備えた国まであるという。

だからといって、昆虫産業が必ずしも大惨事につながるわけではない。この新しく活気のある昆虫ビジネスは、ひとつのチャンスといえる。

ベルグレンは言う。「まったく新たな動物で産業を始めるなら、もっとうまいやりかたを見つけられるはずです。いまわたしたちが知っていることや、最初からやり直す場合に変えられることを認識していれば、事態が悪化し続けることはありません」

1/3ページ

最終更新:4/15(月) 19:05
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事