ここから本文です

【パンクラス】「BBAなめんな!」38歳・藤野恵実が無敗のロシア美女に競り勝ち

4/15(月) 12:52配信

ゴング格闘技

 4月14日(日)新木場スタジオコーストにて『PANCRASE 304』が開催された。

【写真】顔面がボコボコになりながらも勝利をもぎ取った藤野

▼第7試合 女子ストロー級 5分3R
○藤野恵実(FIGHT FARM/3位/52.55kg)
[判定3-0(29-28×3)]
×クセニヤ・グーセヴァ(MATTI TEAM/フライ級2位/52.05kg)

 藤野恵実の相手グーセヴァはMMA4勝0敗1分。2018年7月にライカと対戦し、サウスポーから繰り出す右ジャブ、右アッパー、左の蹴り、さらにライカの組みに首相撲からのヒザも突き刺すなど、スプリット判定でライカに競り勝っている。

 対する藤野は2018年8月、ヴィヴィアニ・アロージョとのストロー級クィーン・オブ・パンクラシスト王座決定戦で3R TKO負け以来の復帰戦。ヴィヴィアニ戦後、9月にヒザ、さらに網膜剥離の手術も行ってきた。

 8カ月ぶりとなる試合でフライ級から落としてきたグーセヴァと対戦する藤野にとっては、得意の組みでテイクダウンして削りたいが、グーセヴァには左の打撃、さらに組んでも首相撲やライカを投げた意外な腰の強さもある。ストロー級でどこまで力強く戦えるかにも注目だ。

 格闘技で「やり切りたい」と願う38歳の藤野は復帰戦で、そしてその先でどんなスパートをかけるのか。

 サウスポーのグーセヴァにオーソから左に回る藤野は左フックを振りながら右で差して金網押し込み、ギロチンプレッシャーもかけながらクラッチするがグーセヴァも倒れず。ヒザ突く藤野。

 2R、ジャブ&ローはグーセヴァ。左回りの藤野の外足を取り、塞いでジャブ突く。3R、4連打で前に出る藤野は右で差して金網まで押し込むと左でオーバーフックして差し上げるグーセヴァ。ダブルレッグには入れない藤野。ブレークがかかる。

 左ハイはグーセヴァもそれを掴んだ藤野がテイクダウン! 片足を抜きハーフガードのグーセヴァに背中を着かせると藤野がパウンド! 最後に決定的な場面を作り、接戦を判定で勝利した。

 試合後、藤野は「BBA(ババア)なめんな! この後、本物のBBA、出てくるんで応援よろしくお願いします」と第10試合でタイトルマッチに臨む和術慧舟會の盟友・端貴代にエールを送った。

最終更新:4/15(月) 12:57
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年3月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】格闘技新時代。同日KO勝利2人に聞く
■武尊、ロングインタビュー
■那須川天心が語る「東京ドーム」決戦
■3.31 ONE&4.21 RIZIN特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事