ここから本文です

【RIZIN】スコッギンスが怪我で欠場。試合中止に朝倉海「悔しい思い」=4月21日(日)「RIZIN.15」

4/15(月) 16:22配信

ゴング格闘技

4月21日(日)「RIZIN.15」横浜アリーナ大会で朝倉海との対戦が発表されていたジャスティン・スコッギンスが練習中の怪我で「半月板損傷及び靭帯部分断裂」と診断され、ドクターストップによる欠場。試合は中止となった。

【写真】4月4日の公開練習時にスコッギンス戦の意気込みを語っていた朝倉海

当初、朝倉海と対戦予定だった佐々木憂流迦が内臓疾患によるドクターストップで欠場。代わってスコッギンスが海と対戦することが4月3日に発表されていたが、スコッギンスも欠場が決まり、朝倉海は2人の選手との対戦が流れたことになる。

主催者から発表された両者のコメントは以下の通り。

◆朝倉海「絶対に勝てる自信があった」

「今回、試合がなくなり本当に残念です。体調も万全で絶対に勝てる自信があっただけに悔しい思いです。この悔しさは必ず次戦にぶつけますので、みなさん楽しみにしていてください。そして、僕の試合を心待ちにしてくれていたファンのみなさんに、心よりお詫び申しあげます。佐々木憂流迦選手、ジャスティン・スコッギンス選手は病気や怪我により僕との試合が流れてしまいましたが、ファイターにとっては怪我は宿命ですので、二人の体調が回復することを祈っています。そして怪我が治ったら、ぜひ僕と試合をしましょう」

◆ジャスティン・スコッギンス「年内にまた組んでもらいたい」

「まずは対戦相手の朝倉選手、そして楽しみにしてくれていたファンの皆さんに心からお詫び申し上げます。深刻な膝の怪我をしてしまい、試合ができる状況ではなくなってしまいました。この試合は自分がとても欲しかったものだったし、とても面白い試合になるはずなので、可能であれば年内に是非ともまた組んでもらいたいです。試合を組んでくれたサカキバラさん、本当に申し訳ありません。まずは怪我を治すことに専念し、復帰戦では必ず良いパフォーマンスでお返しすることを約束します」

最終更新:4/15(月) 16:27
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事