ここから本文です

【シュートボクシング】海人「チャドにキッチリ勝つことで“あの2人”との再戦につながる」=4月27日(土)後楽園ホール

4/15(月) 18:00配信

ゴング格闘技

 4月27日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ第二戦『SHOOT BOXING 2019 act.2』のメインイベントでチャド・コリンズ(オーストラリア)と対戦するS-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)。外国人最強ムエタイ戦士を迎え撃つSBエースだが、今狙うのはあの二人へのリベンジのみだと宣言する。

【写真】海人がリベンジマッチを熱望するチャムアトーンとの試合

――海人選手は大手芸能プロダクションのレプロエンタテインメント所属になり、先日は上京して宣材写真撮影で忙しかったようですね。

「初めてメイクさんやスタイリストさんに付いてもらって、普段自分では着ないような服装を4パターンぐらい着させてもらったり、服に合わせて髪型を変えていただいたりして撮影しました。初めての経験だったので凄く新鮮でしたね。撮影の合間にはインタビューや大会煽り映像を撮ったりしていたんですが、休憩時間には緊張をほぐすためにシャドーをやってました(笑)」

――今後の芸能活動にも期待ですね。前回2月のシリーズ開幕戦、ポンシリー・ポーシリポンとの試合を振り返ってもらいたいと思います。終始、海人選手が主導権を握る形で判定勝ちでした。「勝つことは出来ましたが、倒し切れなかったのでメインイベンターとしては失格の納得のいかない試合内容でした。相手の過去の映像を見たら積極的にヒジ、ヒザを打っていたのでもっと攻めてきてくれると思っていたのですが、様子を見られる展開になってしまいました」

――タイ人によく見られる倒されない戦い方をされると、倒すのは難しいですよね。

「ああいう展開でも倒せるのがメインイベンターであり、エースとしての使命だと思います。でも、あの試合で試したものが色々とありました。普段出さないバックキックを出したらいい感覚で当たったり手応えを感じましたね」

――今回の相手は更に強豪のチャド・コリンズとなりました。

「2年前ぐらいにタイ修行に行った時にラジャダムナンスタジアムに観戦に行ったらちょうどチャドが試合をしていて、強い選手がいるな~とその日一番印象的な選手だったんです。階級も近かったので、ああいう強い選手と試合をやれたらいいなと思って観ていました。それから今年2月のKNOCK OUTで不可思選手とやった映像を見て、あの時にラジャダムナンで見た選手だと気が付きました」

――不可思選手との試合では、チャドが判定勝ちしましたが、印象はどうですか。

「タイで見たときよりも強いとは感じなかったのですが、攻撃型ムエタイスタイルでやり辛い相手だと思います。ヒジ、蹴りはムエタイっぽいですが、パンチはムエタイ式のものとは違いますよね。特徴的なあのアッパーにもカウンター対策を考えています」

1/2ページ

最終更新:4/15(月) 18:00
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事