ここから本文です

米津玄師のMVはなぜ再生され続ける? 1億回続々突破の背景を7作品から探る

4/15(月) 17:03配信

リアルサウンド

 先日、米津玄師の楽曲「orion」のMVが、YouTubeで再生回数1億回を突破したというニュースが話題になった。

『米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃』幕張メッセ【写真】

 米津が作詞・作曲をした楽曲のMV作品のうち、1億回再生突破は今回で7作目。これは日本人の作詞・作曲者の中では最多記録になっている。昨年の「Lemon」の大ヒットや『NHK紅白歌合戦』での地上波初パフォーマンスで、米津の存在感が一気にお茶の間まで浸透し、過去の作品を調べる人が増えたのも今日の膨大な再生回数に繋がっている大きなトリガーだろう。しかしMV作品の合計再生数=18億回超えという凄まじい数字は、それぞれの作品に何度も繰り返し観たくなる要素があるからこそだと考える。

 米津のMVはなぜこんなにも再生されるのか? この記事では7作品の魅力を改めて振り返り、再生回数が未だに伸び続けている背景について紐解いていきたい。

「打上花火」(2018年1月18日)※以下()内は1億回再生を突破した日付

 2017年8月にDAOKO×米津玄師名義で発表された「打上花火」。アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌として作詞・作曲・プロデュースを米津が担当したこの曲は、ビルボードジャパンの年間アニメソング・チャートを制し、MVも「YouTube Rewind 国内トップトレンド音楽動画 2017」で1位に輝くなど、楽曲・MV共に2017年を代表する作品になった。映画本編を感じさせるアニメーションを基調としつつ、歌詞とシンクロするオリジナルシーンもふんだんに組み込まれており、映画を観た人だけに限らず夏の日のノスタルジーが鮮やかに蘇る映像に仕上がっている。

「アイネクライネ」(2018年3月28日)

2ndアルバム『YANKEE』の4曲目に収録されている「アイネクライネ」は、シングルカットされていないものの、代表曲のひとつとして認知度が高い。2014年、東京メトロのCMソングとして米津が初めてCM曲の書き下ろしに挑戦し、TVでもオンエアされていた楽曲だ。米津が描いたイラストで構成されているMVは、公開から約4年が経った2018年3月に1億回再生を突破。近いうちに2億回を超えそうな勢いで現在も再生回数を伸ばしている。日々更新され続けているコメント欄には、最近ファンになった人がこのMVで米津の絵の才能を知り、驚いているような投稿も見られる。淡い色合いのイラストはどこか切なさや儚さを感じさせるが、MVを観た後に余韻として残るのは温かい気持ちと前向きな生命力だ。

1/3ページ

最終更新:4/15(月) 17:03
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事