ここから本文です

私生活重視、キャリア重視…従業員の価値観を尊重するメリット

4/15(月) 15:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

建築業が「増員」を怠れば、社員に無用なストレスが…

社員一人ひとりの価値観を尊重し、「好きなように働ける」という方針を掲げるようになったもうひとつのきっかけは、創業以来、悩まされてきた人手不足です。

法人化した当初はバブル崩壊により社会全体で求職者は増えていたはずですが、地方の吹けば飛ぶような零細企業で、しかも建設不況の真っただ中。募集を出しても来てくれる人はほとんどいませんでした。最近、人手不足で困っていると言う企業が少なくありませんが、当時の私たちの会社ほどではないと思います。

その後も、私の業務時間の何割かはいつも人を採用することに割いてきました。社長の私がアプローチしても振られるということを繰り返す中で、多くの人から仕事についての悩み、不安、理想の働き方についての話をいろいろ聞きました。「よし、そういう悩みや不満に応えればうちに来てくれるかもしれない」と考えて社内の制度や仕組みに反映していったのです。

もちろん、収入面でも大手企業をリサーチして、同等の待遇になる様にしていきました。「好きなように働ける」ということは、社員一人ひとりの仕事に対する価値観を尊重し、幸福度を上げ、人材を確保するための方法だったのです。人材採用についての苦労が身に染みているので、私たちの会社は創業以来ずっと「増員」を経営の最優先目標に掲げています。「増収」や「増益」はその後です。

そもそも建築業は基本的に、現場ごとに多くの職人や技術者が人手で仕上げていく一品生産の世界です。工場で大量生産する工業製品などとは違って生産性を上げるといっても限界があります。それなのに、「増収・増益」できるまで「増員」しないで現場にだけ任せていては、品質やサービスの低下を招き、社員にも無駄なストレスが生じます。

ここでいう「増員」には2つの意味があります。ひとつは当たり前ですが、あらゆる手を尽くして人を採用することです。もうひとつは、採用した人を辞めさせないことです。いくら採用に力を入れても、退職率が高ければ底の割れた鍋に水を汲むようなものです。なるべく長く、私たちの会社で働いてもらうためにそれぞれの考え方や事情を聞き、できる限り対応する。それが「好きなように働ける」ということにつながっていったのです。

2/3ページ

最終更新:4/15(月) 15:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事