ここから本文です

『ゲーム・オブ・スローンズ』忘れられない名場面10選

4/15(月) 17:00配信

Rolling Stone Japan

いよいよ今日、2019年4月15日(月)より『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』が、世界同時放送でスタートする。最終章を迎えるにあたり、これまでの印象に残る名場面を振り返る。

画像あり|『ゲーム・オブ・スローンズ』忘れられない名場面10選

「ブラックウォーターの戦い」のような明らかに目立ったエピソードもいくつかあるが、『ゲーム・オブ・スローンズ』の構成的にベスト・エピソード・ランキングはあまり意味がなさそうである。このドラマを懐かしむにはHBO GOで全編を見直すよりもYoutubeでハイライトをざっと見たほうが良いかもしれない。このトップ10ランキングでは『ゲーム・オブ・スローンズ』が長年に渡って見せてきた様々な名場面を紹介する。

1. サーセイ・ラニスターが大聖堂を爆破(シーズン6「冬の狂風」)

ここはストーリー的にはハイ・スパロウとタイレル家の(大半の)人間などの兵士のたちが全滅させられるシーンである。しかし技術的な面では、ミゲル・サポチニクによる演出にラミン・ジャヴァディによる楽曲の恐怖を煽るピアノ(シリーズ通して初使用の楽器)が入ってくる『ゲーム・オブ・スローンズ』史上最高の編集となっている。ヒッチコックの『ゴッドファーザー』の有名な“洗礼と暗殺のシーン”の手法で、喪失と屈辱の年月を過ごしたサーセイがいかに冷酷で復讐心に燃えているかを表現している。トメンは自分の母親が手段を選ばない人間であるということを悟った後に自殺するが、その固定視点のカメラワークに至るまであらゆる意味で完璧なのだ。

2. エダードの処刑(シーズン1「ベイラー大聖堂」)

『ゲーム・オブ・スローンズ』が完全に『ゲーム・オブ・スローンズ』になった瞬間である。

3. ホーダーが扉を押さえる(シーズン6「扉」)

何年もの間、その付き人はひたすら無意味な「ホーダー」という言葉だけを繰り返し、それがみんなからの呼び名となった、優しく滑稽でほっこりするキャラクターであった。しかし、ブラン・スタークの特殊な能力によってホーダーの人生が悲惨なものであったことが明らかになった。ウィリスと言う名の少年はかつてはよくしゃべりしっかりした少年だったが、彼はブランをモンスターの大群から守るために「Hold the door!(扉を抑えろ)」という命令を深く痛ましいほどに心に刻みつけながら自らを犠牲にした。そのせいでそのフレーズを短縮した言葉以外を話せなくなってしまった。扉を押さえるということからウィリスはホーダーになり、その過程で貴族間の戦争の二次的な被害者となった身分の低い者たちの象徴となった。

1/3ページ

最終更新:4/15(月) 17:00
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.05

CCCミュージックラボ

vol.05
2018年12月25日発売

1000円(税抜)

特集:RADWIMPS
『ゾンビランドサガ』ポスター付き
BEST OF 2018
今市隆二、登坂広臣、他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事