ここから本文です

「絶妙ループ」の南野拓実が勝ち越しゴールの起点に!ザルツブルクの逆転勝利に大きく貢献

4/15(月) 1:55配信

SOCCER DIGEST Web

立ち上がりに惜しいチャンスを逃したが…。

 4月14日(現地時間)、南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルク(1位)は、オーストリア・リーグの第25節で、シュトゥルム・グラーツ(3位)をホームに迎え、3-1の逆転勝ちを収めた。

【写真】美しくて可愛い! ワールドスターの「美女パートナー」たち

 好調の南野は4-3-1-2のトップ下で先発出場を果たし、84分までプレーしている。

 その南野にいきなりビッグチャンスが訪れたのは11分。敵DFラインの裏に抜け出してボールを受けると、飛び出してきたGKを嘲笑うかのように絶妙のループシュートを放つも、これはゴール左に惜しくも外れる。

 その後はS・グラーツの堅い守備に苦しみ、なかなかチャンスを作れないホームチーム。たまらず34分にアンドレ・ラマーリョがロングシュートを繰り出すも、GKにキャッチされる。

 迎えた40分だった。不用意なボールロストからボールを繋がれ、ミヒャエル・ヨーン・リマに先制ゴールを許してしまう。
 
 後半立ち上がりから猛攻を仕掛けるザルツブルクは53分、MFドミニク・ショボスライのピンポイントパスにフレドリク・グルブランドセンがワンタッチで合わせ、同点に追いつく。

 この同点弾を決めたノルウェー代表FWは、61分に際どいミドルを放つも、GKにセーブされる。その2分後に主砲ムナス・ダブールがドリブルからコースを狙ったシュートとともに、惜しいチャンスだった。

 その後もゲームを支配したザルツブルクがついに勝ち越したのは、67分だった。南野が起点となったパスワークからダブールが右足を振り抜き、ゴールをこじ開ける。

 その4分後にも、ショボスライがエリア内にドリブルで進入し、左足でネットを揺らし、リードを広げる。

 試合はこのまま3-1で終了。南野の活躍もあり、ザルツブルクが4連勝を飾った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:4/15(月) 1:55
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事