ここから本文です

曲がり角の根拠となるパリSGの「ルモンタダ」【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

4/15(月) 22:53配信 有料

SOCCER DIGEST Web

前回が「悲痛」だとすれば今回は「残酷」そのものだ

またしても「ルモンタダ」でCL16強での早すぎる敗退を余儀なくされたパリSG。繰り返された大失態は、おぞましいの一言に尽きる。(C)Getty Images

 フランス語の「ルモンタダ」、つまり大逆転でチャンピオンズ・リーグ(CL)から姿を消すのは初めてではない。逆に言えば同じ過ちを繰り返しているところにパリ・サンジェルマンが大きな曲がり角を迎えている根拠が求められる。どこに問題があるのだろうか。(文:フランソワ・ヴェルドネ・訳:結城麻里 2019年4月4日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック フランス』を転載)

―――◆―――◆―――

 フランス代表がロシアの地で聖杯を手にしてから、およそ8か月――。冬の終わりが近づくなか、盛大に祝杯を重ねたあの二日酔いからようやく覚める時が来た。欧州カップ戦のベスト8にフランスのクラブがひとつも残らなかったのは、2010-2011シーズン以来のことだ。

 ロシア・ワールドカップの決勝でクロアチア代表を打ち破ったレ・ブルー(フランス代表)の先発メンバー11人を見てみる 本文:5,048文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:4/15(月) 22:53
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る