ここから本文です

驚愕しかない!? 15歳シェルバコワ、「4Lz-3Lo」着氷に海外喝采「男子でもやらない」

4/15(月) 13:03配信

THE ANSWER

ロシアの15歳が練習で決めたジャンプに海外仰天

 フィギュアスケートは世界国別対抗戦で2018-19シーズンは終わりを迎えた。女子では来季からはロシアの怪物ジュニア勢がシニアに転向する予定で、さらに熾烈な争いが展開されることとなりそうだ。ロシア選手権でアリーナ・ザギトワらを抑えて優勝した15歳のアンナ・シェルバコワが、練習で「4回転ルッツ―3回転ループ」のコンビネーションジャンプを披露。コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏が自身のインスタグラムで動画を公開するや、ファンからは驚愕の声が上がっている。

【動画】この映像に世界が仰天!? 15歳シェルバコワが男子でも難しい「4Lz-3Lo」を成功させる実際のシーン

 フィギュアシーズンは終了を迎えたが、来季へ向けて研鑽を積むロシアのジュニアがまたファンを驚かせている。ザギトワや、シニアで史上初めて4回転ジャンプを成功させたエリザべート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)らを指導するトゥトベリーゼ氏が驚きの映像を公開している。

 黒い練習用衣装で登場したシェルバコワは、左足に体重をかけ、左肩を入れながら踏み切ると鋭く回転し、4回転ルッツを着氷。これだけでも驚きだが、3回転ループを続けたのだ。それも体の乱れも一切ない完璧なコンビネーションだった。

 すでに国内大会では4回転ルッツ―3回転トウループのコンビネーションを決めているが、さらにその上をいく難度のジャンプを成功。さすがの名伯楽も興奮を隠せないようで、「アンナ・シェルバコワの練習。4回転ルッツ+3回転ループ」と記し、動画を公開。練習中の映像とは言え、ファンには驚きが広がっている。

ファンに広がる驚愕「来季が待ちきれない」

「信じられない!」
「来シーズンが待ちきれない。とても興味深いものになりそう」
「素晴らしい」
「スーパー!よくやった!!」
「何て練習熱心なチームなんだ」
「尋常じゃない。男子でもこのコンボはやらない」
「ゴージャス!」

 男子でも高難易度のジャンプ。練習では同門のアレクサンドル・トルソワ(ロシア)も成功したとされているコンビネーションは、過去の公式戦では例がない。体重の軽いジュニアだからこそ跳べるジャンプだという声も上がるが、シニアの舞台でどんな演技を見せてくれるのか。今から来季が楽しみだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/15(月) 23:46
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい