ここから本文です

錦織、昨年の快進撃再現へ― 「クレーでのプレーは大好きです」と語る理由

4/15(月) 19:33配信

THE ANSWER

クレーシーズンが開幕、ATPが錦織をインタビュー

 男子テニスの世界ランク6位・錦織圭(日清食品)。現在開催中のモンテカルロ・マスターズの初戦となる2回戦では世界ランク38位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と同49位のピエール=ユーグ・エルベール(フランス)の勝者と対戦する。いよいよ迎えるクレーコートでの今季初戦へ向け、ATPツアーのインタビューに応じ、「クレーでプレーするのは大好きです」と自信をのぞかせている。

【画像】新ヘアスタイルにも注目!? ATPが公開している錦織へのインタビューシーン

 昨年大会は準V。復活の足掛かりを掴んだモンテカルロの舞台に錦織が帰ってくる。第5シードで出場する大会の主役候補に、ATPツアーも注目。公式サイトでは「ニシコリが、なぜ彼はクレーで危険な存在なのかを説明する」と題してインタビュー映像を公開している。

 今季はブリスベン国際で復活V。全豪オープンでも8強入りするなど、好スタートを切ったが、ドバイ、インディアンウェルズ、マイアミとトーナメントの序盤で星を落としている。この点について、インタビュアーから「調子が上がらない理由」について聞かれると、こう返答している。

「いいテニスもしましたが、いくつかの重要な試合、重要なポイントを逃し、少ししか対応できませんでした。今はクレーに戻れて幸せです」

クレーでは過去に2度優勝、昨年大会は準優勝と好相性

 再浮上を期すクレーコートでの戦いがスタート。過去にはバルセロナ・オープンで2度優勝。マスターズ1000の準優勝4度のうち、モンテカルロ、マドリードの2大会で準Vがある。得意という見方もあるが、赤土での戦いをどう捉えているのか。

「自分の守備がより機能するからだと思います。スピードを使うこともできますし、違った種類のショットを使うこともできます。クレーでプレーするのは大好きです。少し自分の精神的な部分を活用することもできますしね。フィジカル的にはより厳しいですが、クレーでプレーするのは好きです」

 錦織の粘り強いディフェンス。正確なストロークに多彩なショットは、土のサーフェスは追い風になると分析しているようだ。

 欧州でのクレーシーズン開幕で心機一転を図る錦織。十分な調整期間を経て、再び旋風を吹かせる。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/15(月) 23:51
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事