ここから本文です

元・宝塚歌劇団トップスター「特別養子縁組で子を授かるという選択」

4/15(月) 16:00配信

現代ビジネス

 「特別養子縁組」という制度をご存じだろうか? 
 産みの親が養育できない子どもを、「実子」として新たな家庭に迎え入れる制度である。

 縁組をするにあたり、産みの親、養親、養子となる子どもに寄り添い、子どもの命を繋げていく民間養子あっせん機関で働く新人ケースワーカーを描いた人気マンガ『かぞくを編む』コミックスの発売を記念し、実際に「特別養子縁組」で子どもを授かった元・宝塚歌劇団トップスター瀬奈じゅんに話を伺った。

「特別養子縁組」を選んだ理由とは

 ―――まず、「特別養子縁組」でお子さまを授かった経緯をお聞かせください。

 結婚して子どもが欲しいと思っていました。けれども、仕事の予定と合わず、なかなか妊活を始められませんでした。不妊治療にということで、体外受精を7回ほど挑んだのですが、それでも子どもを授かることができなかったのです。だんだん、精神的にも肉体的にも追い詰められてしまって…。

 私の様子を見るに見かねた主人が「特別養子縁組」を教えてくれたことがきっかけでした。調べていくうちに、日本の乳児院や施設で育つ子どもの数が想像以上に多く、まずそのことに驚いてしまいました。さまざまな事情で親と一緒に暮らせない子どもたちが、法律上も育ての親の戸籍に実子として入ることができる「特別養子縁組」という制度がすばらしいと思ったので、迷わず「特別養子縁組」を選びました。

 ―――「特別養子縁組」でお子さまを授かったことを公表されたのはなぜですか。

 私は表に出る仕事をしている以上、「あのときの舞台では妊娠していなかったのに、なんで子どもがいるんだろう」という憶測がたつだろうと思ったのです。間違った情報が子どもの耳に入るのを防ぐため、縁組が正式に認められた段階で発表することに決めました。周りの反応で驚いたのは、思っていたより周りがすんなり受け入れてくれるということでした。

 ただ制度を知らない人が多いだけで、公表後は「すばらしい制度だね」って言ってくださる方がたくさんいたんです。日本は「血の繋がり」というものに重きを置く人が多いだろうなと、批判や中傷がよせられるかなと思っていたのですが、世間はすごく温かく祝福してくれました。

 そのとき、「特別養子縁組」を受け入れる土壌はきちんとあるけれど、ただ制度の存在が浸透していないだけなのだということを強く感じました。だからこそ、私たち夫婦も「&family..」(https://andfamily.jp/)という団体を立ち上げて、制度を広められたらなと思っています。

1/3ページ

最終更新:4/15(月) 16:00
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事