ここから本文です

レアルMFカゼミーロ、過熱する“ポグバ加入説”に前向き 「歓迎されるだろう」

4/15(月) 22:30配信

Football ZONE web

相思相愛のレアルとポグバ、レアルの選手たちも新戦力の加入に前向きか

 マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバは、レアル・マドリードへの移籍話が急浮上している。そんななか、レアルでプレーするブラジル代表MFカゼミーロは、ポグバがチームに加入したら「とても歓迎されるだろう」と語った。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 レアルがポグバ獲得に動くのは、今回が初めてのことではない。2016年夏に獲得を目論んだものの、移籍金1億1400万ユーロ(約144億6000万円)でユナイテッドに獲られる形となった。そこから約3年の時が経ったが、ポグバへの関心は続いているようだ。

 ポグバは今年3月、同胞のジネディーヌ・ジダン監督が復帰したレアルについて「世界最大のクラブの一つ」「レアル・マドリードこそがすべての選手にとって夢のクラブ」と自身の考えを明言した。また、ジダン監督もフランスの後輩であるポグバに称賛の言葉を送り、「彼にいつかここに来たいという願望があり、そして彼がユナイテッドでの経験を終えた時にもここに来たいと思っているのなら、なぜレアルに来てはいけないんだい?」などと、ラブコールを送っていた。

 カゼミーロは、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)で世界一に輝いたポグバはどんなチームでもプレーが可能な選手だと称賛し、もしサンティアゴ・ベルナベウで一緒にプレーすることになればハッピーだと語っている。

「彼のレベルの選手であれば、世界中のどんな選手とも競うことができる。ここにいない選手のことについて話すことはできないが、もし彼がマドリードに来たら、とても歓迎されるだろうね。なぜなら、彼は素晴らしい選手だからさ」

 ポグバと彼の所属するユナイテッドは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で勝ち進んでおり、16日にはバルセロナとの準々決勝第2戦が控えている。「彼(ポグバ)はCLの重要な試合を控えていて、その試合に集中していると思う。彼は素晴らしい人間であり、僕たちも彼とマンチェスター(・ユナイテッド)をリスペクトしなければいけない」と、カゼミーロはコメントしていた。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/15(月) 22:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事