ここから本文です

水樹奈々が地元・愛媛のイベント応援隊長に! 幼少期の写真&エピソードも披露

4/15(月) 19:43配信

ザテレビジョン

愛媛県東予東部圏域振興イベント「えひめさんさん物語」の制作発表会が4月15日に東京都内で行われ、応援隊長を務める水樹奈々が登壇した。

【写真を見る】マイクを持つと人が変わる(?)水樹奈々の幼少期写真

「えひめさんさん物語」は、愛媛の東部に位置する東予地区の新居浜市、西条市、四国中央市で、4月20日(土)から11月24日(日)まで開催される広域振興イベント。その応援隊長に、新居浜市出身の水樹が就任した。

水樹は「愛媛は横に長くて、東予(今治市など)、中予(松山市など)、南予(宇和島市など)と3つの地域に分かれているんですけど、それぞれの良さがあります。昨年までは南予で『いやしの南予博』で盛り上がっていたので、いつか東予の番が来るといいなとずっと思っていました。『ついに来た!』という思いです」と、念願がかなった様子。

イベントの中心となるプログラムは6つあり、5月の「第1話 ものづくり物語」から、11月の「第6話 紙の物語」まで、月ごとに三市の特長を生かした、趣向を凝らした企画がめじろ押しだ。

発表会に出席した中村時広愛媛県知事は「愛媛県の3つの地域(東・中・南予)はそれぞれ盛んな産業が異なります。東予はものづくりの2次産業、中予は3次産業、南予は1次産業が盛んです。

四国中央市は紙パルプ産業、新居浜市は住友発祥の地、西条市は石鎚山地から流れ出るきれいな水を生かしたビール工場、エレクトロニクス産業など、いずれも2次産業が盛んでしたが、観光を連携して行ったことがありませんでした。

しかし一昨年、三市の市長がスクラムを組んで、観光振興イベントをやりたいという申し出があり、県が一緒に進めることになりました」とイベント開催の経緯を明かす。

また、イベント名については「産業の“さん”、山々、山脈の“さん”、3つの都市の“さん”から名付けました」と由来を明かす。

「地域の皆さんも、ふるさとの価値に気付く機会になると思います。観光振興に結び付くことを信じて、『さんさん物語』をスタートさせたい」と意気込みを語った。

■ 水樹奈々が故郷を、幼少期を語る!

水樹は、かつて自身の楽曲のMV撮影を地元・新居浜で行っており、「父が別子山村(現在は新居浜市に合併)の出身で、小さい頃はよく連れて行ってくれた。そんなゆかりのある場所でMVの撮影をさせていただけたことがうれしかった」と話す。

さらに「銅山があった跡地がたくさん残っていて、幻想的な場所ですし、同時に歴史も学べます。温故知新がはまる町で、先人の教えを学びながら、新しい今の私たちの生活にマッチングする場所。今の工業地帯や美しい自然、いろいろなものが詰まった町です」と故郷へ思いをはせた。

そして、水樹の幼少期の写真が公開に。七五三の写真では「昔は人見知りで、カメラを向けられると口を真一文字に結んでました」と、現在からは想像がつかない意外な一面を明かした。

でも、マイクを握ると人が変わったようで、続いて町のカラオケイベントでの写真が映し出されると「毎週のように歌いに行ってました。歌が大好きで、両親の影響で毎日お稽古していました」と、現在のルーツを語る場面も。

“水樹にとって故郷・愛媛とは?”という質問に対しては「原点に立ち返れる場所。活動を重ねる中で、壁にぶつかっても、地元に帰ると歌が大好きで、みんなの笑顔が見たくて頑張っていた頃の気持ちを思い出せて、新たな着想につながったり、もっともっと鍛錬しなきゃという思いになります。皆さんの応援も温かいんです」と水樹。

■ “東洋のマチュピチュ”での野外コンサートに注目!

そんな水樹は今回のイベントの楽しみとして、「第5話 あかがね物語」(10月5日[土]開催)を挙げた。

「天空の音楽祭」と題し、“東洋のマチュピチュ”と呼ばれて、かつて水樹もMV撮影を行った、新居浜・東平(とうなる)の絶景を背景にした野外コンサートで、同市出身の石丸幹二が出演するものだ。

水樹は「どんなコンサートが行われるか、幻想的なものになると思う。開放的なので、癒やされるデトックスなライブになりそう。私も見に行きたい!」と見どころを語った。

出演する石丸は「東平にある別子銅山は新居浜市民にとってかけがえのない“ふるさと”。“東洋のマチュピチュ”と呼ばれる見事な場所で、自然と歴史を感じながら、野外コンサートを皆さんと楽しみたい」と、VTRでコメントを寄せた。

最後に、水樹は「素晴らしいイベントが盛りだくさん。東予地区も熱いものがたくさんあります。体感型のイベントが多いので、お友達はもちろん、家族で出掛けてほしい」とPRした。(ザテレビジョン)

最終更新:4/15(月) 19:43
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン22号
5月22日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事