ここから本文です

ドルト保有の“イブラ2世”にチェルシーも関心か。オランダで最近7試合11得点

4/15(月) 16:29配信

フットボールチャンネル

 ボルシア・ドルトムントからオランダのウィレムIIにレンタルされている19歳のスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクに、チェルシーも関心を示しているようだ。英紙『ミラー』が伝えた。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 “イブラヒモビッチ2世”とも呼ばれるイサクは17歳で代表デビューを飾り、スウェーデン史上最年少ゴールを記録するなど将来を嘱望されてきた選手。2017年1月に加入したドルトムントでは出場機会の獲得に苦戦していたが、1月にレンタルされたオランダで爆発している。

 エールディビジではこれまで12試合に出場して12ゴール。最近7試合で11ゴールを量産しており、3月30日のフォルトゥナ・シッタート戦ではリーグ史上初となる「PKのみでのハットトリック」も達成した。

 その活躍にはイングランドのビッグクラブも注目しているようだ。今月6日のアヤックス戦にはチェルシーがスカウトを派遣し、イサクのプレーを視察していたという。

 イサクにはレアル・マドリーも以前から関心を抱いており、チェルシーと獲得を争うことが見込まれると英紙は伝えている。一方、先日にはバルセロナが関心を示しているとの報道もあった。今季終了後の去就が注目される選手の一人となるかもしれない。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/15(月) 16:29
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事