ここから本文です

阿部慎之助が野村克也を超える捕手最高記録(2004年4月16日)

4/16(火) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2004年4月16日だ。

「最高です!」

 いつもの笑顔で、おなじみのセリフを叫ぶ。4月9日のヤクルト戦(東京ドーム)から16日の広島戦(広島)まで、巨人の阿部慎之助がなんと6戦連続8本のホームランを放った。日本記録である巨人・王貞治(1972年)、阪神・バース(86年)の7試合連続には届かなかったが、6試合連続は史上2位タイ(ほか8人)。野村克也(南海)の5試合を抜いて捕手の最高記録でもある。

「どうしちゃったんでしょうね。自分でも信じられません。本塁打を狙って大振りしているわけではないんですけど……」

 この快挙に阿部自身が驚きの表情を見せれば、堀内恒夫監督も「ほんとすごいな。ちょっと異常なくらいだね」と舌を巻く。

 プロ4年目となったこの年、開幕前から目標として「30本塁打」を掲げていた(自己最高は02年の18本)。「八番打者に打たれたら相手のショックも大きいと思うんですよ」と、その理由を語っていたが、手ごたえを感じていたからこその言葉でもあったはずだ。

 阿部は結局、この年に33本塁打をマークしている。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/16(火) 11:14
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事