ここから本文です

セ・リーグ6球団、奮起を期待したい男は?

4/16(火) 11:01配信

週刊ベースボールONLINE

ペナントレースは開幕から対戦が一回りしたところだが、各チームで誤算も出てきている。シーズン当初の目論見どおりの働きができていない選手。ここではセ・リーグ各球団の今後、チームを上昇気流に乗せるために奮起を期待したい選手を見ていこう。

広島東洋カープ

 広島で頑張ってもらいたいのは、五番打者の松山竜平だ。開幕から打撃の調子が上がらず、先制機となった一死満塁で併殺打に倒れた4月7日の阪神戦(マツダ広島)の試合後には首脳陣から厳しいコメントも。打撃不振が影響したのか、ファーストの守備でもミスが相手の得点につながるシーンが続き、4月11日のヤクルト戦(マツダ広島)では試合中にレフトへの守備交代を命じられた。打率は4月15日現在で.184と低迷が続いているが、外野に固定されて守備の負担が減り、打撃に集中できるようになれば、復活の可能性は十分ある。誰からも愛される好漢だけに、暗い顔は似合わない。早く本来の打棒と明るい表情を取り戻してもらいたいところだ。

読売ジャイアンツ

 3年ぶりの一軍勝利を含む6勝を挙げるなど、昨季はシーズン後半の先発ローテーション定着でチーム3番目の勝ち星を挙げた今村信貴だが、現在は二軍調整中。ただ、気の毒な面もある。キャンプ、オープン戦では好投を見せて先発ローテ5番手をほぼ手中に収めていたが、チーム方針で3年目の右腕・畠世周、新人左腕・高橋優貴が優先され、中継ぎ経験も豊富な今村はリリーフ待機に。開幕後は4月2日の阪神戦(甲子園)まで出番がなく、2試合で3失点を喫し、再びチームの先発強化の方針で先発再調整のために7日に登録抹消。12日のイースタン・リーグ西武戦(西武第二)では7回2安打1失点とさすがのピッチングを見せており、虎視眈々と一軍復帰をうかがっている。

阪神タイガース

 開幕から「四番」として起用されたプロ3年目の大山悠輔。オープン戦で4本塁打を放ち、右の大砲として期待されながら開幕戦を迎える。しかし、四番の重圧か、チャンスでなかなかタイムリーがでない状況が続いた。15試合を消化した時点で打率.224で1本塁打、4打点は四番としては寂しい内容。大山自身もこの状況を打開しようと練習に取り組んではいるが結果がついてきてない。それでも矢野燿大監督は辛抱強く成長を見守っている。4月13、14日の中日戦(甲子園)で第1打席にヒットを放ち、14日の第4打席にはレフトオーバーの二塁打をかっ飛ばすなど徐々に調子を上げてきている。ここから巻き返しを図るつもりだ。

1/2ページ

最終更新:4/16(火) 11:01
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事