ここから本文です

中日・阿部寿樹 努力でつかんだ開幕スタメン/今年はひと味違います!

4/16(火) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 4年目にして初の開幕一軍切符。阿部寿樹がようやくつかみとったが、さらなるサプライズがあった。3月29日のDeNAとの開幕戦スタメンオーダーに「七番・二塁」でその名が記された。そして1打席目、今永昇太から左前打を放ち、与田竜のチーム初安打を記録した。

持ち前の力強い打撃で、新体制となった昨年の秋季キャンプからアピールしてきた。春季キャンプ、オープン戦と一軍に居続け、そして生き残った。「開幕一軍に残って良かったという感じです。とにかく出せる力を出したい」。もちろんゴールではない。むしろシーズンで結果を出すことに視線は向いていた。

オープン戦は15試合に出場し、27打数7安打の打率.259。決して飛び抜けた数字ではないが、内容が良かった。そんな阿部を後押ししているのが、“筒香バット”だった。

昨年、同タイプを使用するチームメートの高橋のバットを握らせてもらうと、バランス、感触がフィットした。同じタイプのものをミズノ社に発注し、今春キャンプから使用。最近は軽めのバットを使う選手が多い中、920~930グラムと重いにもかかわらず、「ヘッド部分も太いし、グリップも太い」と気に入っている。

入団4年目。ただ、阿部は大学、社会人と歩んできただけに、4年目とはいっても、今年12月には節目の30歳を迎える。「毎年が勝負と思っています」。出場機会を得ようと外野にも挑戦した。懸命の努力が実を結びつつある。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/16(火) 12:02
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事