ここから本文です

母の彼が好きになれない… 悩める22歳女性に鴻上尚史が勧めた「選択」とは?〈dot.〉

4/23(火) 16:00配信

AERA dot.

 鴻上尚史の人生相談。母が離婚後につきあうようになった彼に生理的に嫌悪感を覚えてしまうという22歳の女性。独り立ちするさいに、母の彼から引越しを手伝うと提案されたものの、受け入れることができず悩む相談者に、鴻上尚史が勧める選択のかたち。

【相談26】母の彼氏が嫌いです(22歳 女性 一合)

 私は一人っ子で親は母のみです。現在は実家から離れ大学に通っています。

 母と母の彼氏との関係に悩んでおります。

 実の父は私が物心つく前に離婚しており、それからはある男の人と母と3人で暮らしていましたが、様々な理由により母はその人と別れ、小学校中学年頃に母と母の実家へと戻りました。

 生活が始まってから、直ぐに母は昔の同級生だったという彼氏が出来ました(以下K氏)。K氏には私と同い年の息子と一つ下の息子がおり、K氏家族と出掛けたりなどして、母とK氏は付き合い始めたんだなと子供ながらに理解をしていました。初めは寂しかったということもありK氏家族と関わることは嬉しかったです。しかし、K氏の性格や、K氏が目の前で母の体を触ったり、家族で宿泊した先で性的なことを行っているということに感づき、嫌悪するようになりました。K氏の息子にもそれぞれ食べ方が汚いなどと、嫌だと思う面を多々感じてしまい、K氏家族との関わりが生理的に無理になっておりました。また、思春期には周囲から母とK氏が付き合っていることを揶揄されることも大変嫌で、中学に上がる頃にはK氏家族との関わりを拒否するようになっていました。

 それからも母とK氏の関係は続いていました。しかし私は、運動会で母親の彼氏の家族と弁当を囲まなくてはいけないことも、習い事で母が友人の保護者とではなくK氏とくっついて見守っていることも、私を置いて母がK氏と出掛けるのも嫌でした。過去に私がK氏の息子に嫌がらせをした事で今でもK氏に文句を言われると母に言われた時、私のこの気持ちはどうでもよく、K氏家族の方が大切なんだなと分かりました。それからは進学を機に、地元をできるだけ離れK氏家族と関わらず、母とK氏家族の話をしないことで避けていました。

 しかし、問題が起こりました。この春私は就職をします。その際の引越しをK氏が手伝うと言っている、と母が言ってきたのです。人に手伝ってもらえることが有難いことも私と母の苦労が軽減することも分かっています。しかし、これから自分で稼ぎ生きていくスタート地点で、生理的に無理なK氏に一切関わって欲しくはありませんでした。また、私がここまで嫌悪していることを母は理解してくれていると思っていただけに、この提案をされたことがとても悲しくなりました。

1/3ページ

最終更新:4/23(火) 16:00
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事