ここから本文です

台湾海峡で中国軍が軍事演習 アメリカは「脅し」と反発

4/16(火) 13:59配信

ニューズウィーク日本版

米台の非公式な関係樹立40周年を祝うイベントの開催に軍事演習をぶつけて挑発する中国

中国の空軍と海軍は4月15日、中國と台湾を隔てる台湾海峡で軍事演習を実施した。アメリカはこれを挑発と受け止めて非難している。

【動画】ノートルダム寺院の尖塔が焼け落ちる

中国人民解放軍東部戦区の報道官である張春暉大校は15日に声明を発表。「艦船や爆撃機、偵察機をはじめとする海軍および空軍部隊を台湾島周辺に派遣し、必要な訓練および演習を実施した。複数機能を果たす統合作戦の能力のテストだ」と明らかにした。張はまた、軍事演習は「年間計画の範囲内の通常の措置であり、主権国家の正当な権利だ」とも述べた。

同演習は「台湾海峡全域の平和と安定の維持にもつながる」と張はつけ加えた。「人民解放軍東部戦区は常に、自分たちの任務は何かを念頭に置き、新時代の戦闘に勝利するための能力を強化する努力をし、中国の主権と領土の保全を断固として守っていく決意だ」

<トランプ政権と台湾の接近に怒る中国>
米政府が台北に設置した窓口機関である米国在台湾協会は、中国側のこの動きに不快感を表明した。ロイター通信によれば、米・台湾の非公式な関係樹立(両者の関係を定めた台湾関係法の制定)から40年を記念して開催されたイベントで演説を行ったジェームズ・モリアーティ理事長は、次のように警告した。「脅しや抑圧を通して台湾に影響を及ぼそうとする試みはすべて、地域を不安定化させ、台湾海峡の安定を脅かすものだ」

アメリカは台湾と公式な関係を樹立してはいないが、1949年に中国で起きた国共内戦に敗れて本土を追われ以降、台湾に軍事支援を約束している。ドナルド・トランプ米大統領は2017年の就任以降、徐々に米台関係を強化しており、2018年には台湾旅行法(米政府当局者と台湾高官が互いを自由に行き来し会談できると定める)を成立させ、南シナ海や台湾海峡でのいわゆる「航行の自由」作戦も増やしている。

1982年に採択された海洋法に関する国連条約を批准している中国(アメリカは批准していない)は、アメリカのこうした動きを非難。一連の取り組みには、世界で最も航行量の多い貿易ルートの一つであり、石油および天然ガスの埋蔵量が数兆ドル相当にのぼると見られている南シナ海において、軍事的および政治的なプレゼンスを拡大しようとする狙いがあると非難した。中国は南シナ海の領有権を強く主張しており、複数の島や小島、岩礁を軍事拠点化。アメリカや、同海域の領有権を主張する周辺諸国と対立している。

1/2ページ

最終更新:4/16(火) 18:28
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-7・23号
7/17発売

460円(税込)

【特集】日本人が知るべきMMT
アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい