ここから本文です

1年間の宇宙生活で染色体に異変、双子で実験、最新研究

4/16(火) 7:12配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

ISS滞在で人体に起きた変化を双子の兄弟と比べた、認知力にも変化

 宇宙で暮らしたら人体に何が起きるのかを知るのは、簡単ではない。その人物が地上にいたらどうなっていたかがわからないからだ。だが、双子の兄弟が地上で普通の暮らしを送っていたらどうだろう? そんな研究の成果が、4月12日付け学術誌「サイエンス」に掲載された。

【関連写真】 ギャラリー:スコット・ケリー宇宙飛行士が撮った、息をのむほど美しいISSからの写真15選

 医学の分野では双子の研究が盛んに行われている。身体的にも遺伝的にもほぼ完全に一致しており、環境の変化に人がどう反応するか比較対照する理想的な条件が備わっている。

 だから、米国の宇宙飛行士スコット・ケリー氏が、一卵性双生児の兄弟であるマーク氏と共に、宇宙飛行の影響を調べる実験の被験者になろうと提案すると、NASAは喜んでこれに応じた。

 こうして、他に類を見ない研究が計画された。スコット氏が国際宇宙ステーション(ISS)へ行き、1年間、微小重力の条件下で宇宙飛行士として働き、生活する。一方、地球ではマーク氏が、自由で典型的な民間人として働き、生活する。

 この実験は、2015年3月27日から2016年3月2日まで行われた。この1年間の前、期間中、そして後まで、多くの分野の科学者チームが、分子、生理学、行動の点から2人を継続的に調査。その成果をまとめた今回の論文は、月や火星、さらにはその先へと人類が向かう際に役立つ情報となるかもしれない。

 宇宙滞在で、本当にスコット・ケリー氏に長期的な変化が起こったのか? 私たち人間が地球を離れて長く生活すると、どのような運命が待っているのだろうか? わかったことを見てみよう。

宇宙での1年間で、スコット氏の体はどうなったのか?

 ISSにいる間、スコット氏の全般的な健康状態はずっと良好だった。だが、彼とマーク氏を比べた科学者たちは、いくつか小さな変化が起きていることに気づいた。

 変化の1つは、染色体の末端を保護するテロメア(末端小粒)に見られた。論文の共著者で、米コロラド州立大学の医療研究者スーザン・ベイリー氏は、こうした遺伝物質は、加齢や潜在的な健康リスクを示す指標だと話す。ISSに滞在中、スコット氏のテロメアは長くなった。だが、それによる影響はあるのか、あるとすれば何か、現時点で知ることは難しい。

 加えて、スコット氏の染色体の一部で逆位や転座が起こったり、DNAが損傷しているといった異常、そして遺伝子発現の変化も見つかった。遺伝子への影響以外にも、網膜と頸動脈の厚さの変化も見られた。さらに、スコット氏の腸の微生物叢(マイクロバイオーム)も、地球にいるマーク氏とは違うものになっていた。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事