ここから本文です

磐田DF大南拓磨は『きっかけ』を無駄にしない。傷心に届いた声援、打ちのめされて芽生えたもの

4/16(火) 11:22配信

フットボールチャンネル

開幕からなかなか結果が出ていないジュビロ磐田だが、DF大南拓磨のパフォーマンスは決して悪くない。今季は主力として戦い、センターバックの一角で堂々たるプレーを披露。第3節・大分トリニータ戦ではレッドカードを受けるなど散々だったが、その時のある出来事が大南をさらに逞しくさせた。第7節・清水エスパルスとの静岡ダービーでは失点に絡んだものの、この日の90分間もまた彼に『きっかけ』を与えるのではないだろうか。(取材・文:青木務)

【動画】J1ポジション別ベストプレーヤー

●好調とは言えないスタートとなった磐田

 経験の少なさを、高い潜在能力とスポンジのような吸収力でカバーしてきた。どんな対戦カードよりも勝利が求められる特別な一戦は、21歳の若者にとって芽生えたものを発揮する場ともなった。

 明治安田生命J1リーグ第7節・静岡ダービー。ジュビロ磐田はエコパスタジアムに清水エスパルスを迎えた。互いに好調とは言えないスタートを切っており、このライバル対決を機に浮上したいところだった。

 試合開始時点では今季まだ未勝利で最下位だった清水だが、攻守にバランスのとれた戦いを披露。迎えた36分、GKからのリスタートを最後は鄭大世が頭でねじ込み、アウェイチームが先制に成功した。さらに58分には、相手のパスミスを拾うとラストパスを北川航也が沈めて2-0とした。

 思うような攻撃を展開できない磐田だが、選手交代を行い少しずつ盛り返す。71分にはエレンのクロスをロドリゲスが頭で合わせて1点を返すと、その後もサイドから中央へボールを送り続けた。しかし、割り切って終わらせようとする清水から2点目は奪えず。1-5と粉砕された昨季リーグ戦の借りを返すことはできなかった。

「結果が全て。負けちゃいけない相手に負けてしまった」

 大南拓磨は感情を抑えながら話した。逆に悔しさが滲み出ていたようにも感じられたが、むしろここからの彼がより楽しみになった。プロ入り後初めてレギュラーでシーズンをスタートした大南は、打ちのめされた試合を糧とできる選手だからだ。

●退場した試合での出来事

 主力として試合に出場し続ければ、良い時も悪い時も経験するものだ。出始めの選手にしてみれば全てが新鮮で貴重な体験である。大南にとって、第3節・大分トリニータ戦は悪夢のような試合だっただろう。

 昇格組とはいえ確固たるスタイルが根付いたチームに大南は後手を踏んだ。13分には相手エースの藤本憲明を見失い、ゴール前に走られてワンタッチゴールを許す。自陣左のスペースにボールが出る直前、大南は首を振って中央の藤本の位置を視野に入れたはずだった。しかし、背走を余儀なくされ結局追いつくことができなかった。

 そして30分、カウンターで一気にスピードアップした藤本にまたも先手を取られると、並走しながら倒してしまい一発レッドで退場となった。

 スピードに自信はある。相手エースを野放しにしたつもりもない。完全フリーの状態で先制点を与えてしまったからこそ、その後はより高い集中力で臨んだ。それでも、厳しい現実を突きつけられた。10人となった磐田は前半のうちに同点としたものの、後半に勝ち越しゴールを献上し敗れた。

「自分のミスでやられたので、すごく責任を感じました」

 あの一戦を大南はこう振り返る。しかし、あることをきっかけに彼の胸中に強い想いが込み上げてきた。

「終わった後、『タクマコール』をしてもらって、支えてもらっているなというのをすごく感じました。悔しかったですけど、下を向いていられないという気持ちになりました。意識が変わったというわけではないですけど、責任感というか、自分のためじゃなくて支えてくれている人のためにやらなきゃいけないなという気持ちが芽生えましたね」

●北川航也、鄭大世との駆け引きとバトル

 出場機会を掴み始めた選手が、自身に意識を集中させるのは自然なことだろう。大南も常に自分と向き合ってきたからこそ、名波浩監督の抜擢に答え続けることができた。

 そして、大分戦後のコールは傷ついた心を癒し、責任感を植え付けた。自分以外に目を向けるきっかけにもなった。出場停止の翌節を消化し、背番号25は再びスタメンでピッチに立っている。

 静岡ダービーにも並々ならぬ思いを持っていたはずだ。

 試合序盤、大南は相手のパスをカットすると前線のアダイウトンにつけた。味方との距離感や北川航也、鄭大世という相手の強力2トップの位置を確認しながら、スムースな対応を見せる。それでも、縦パスを奪おうとする動きを逆手に取ったのが、北川だ。28分、大南が一瞬だけ前に重心を傾けると、北川は裏へ走り込みボールを受けた。

 さらに鄭大世も襲い掛かる。36分の失点シーンで大南はエアバトルに敗れ、すぐさまカバーに入ってクリアするもボールは真上に飛び、鄭大世に頭で押し込まれた。

「ヘディングの競り合いでも、負け方というのがあると思います。競り負けるにしても、中にこぼさせないようにできたら良かった」(大南)

 先制点を献上することにはなった。しかし鄭大世がベンチに退く84分まで、大南は空中戦で引けを取ったわけではない。一つのミスが重くのしかかるセンターバックというポジション柄、評価が難しいのは確かだ。一方で、失点後も気落ちせず挑み続けたこともまた事実だった。

●成功の喜びも失敗の重みもプラスになる

 北川とのバトルにも懸命に食らいついた。何度も動き直して視界から消えようとする日本代表相手との駆け引きについて、大南はこう語っている。

「常に裏を狙ったりとか、動き直しもたくさんやってくる選手なので、やりづらいなという気持ちで前半が終わって。それでも、北川選手にやらせなければ相手に勢いがつくことはないだろうなと思ってやっていました。そんな中で北川選手に決められてしまったので、そこはだいぶ痛かったですね」

 58分、味方のパスが相手にカットされる。大南はボールを運んでくる中村慶太に対応しなければならず、裏に侵入する北川に対しては無力だった。

 結局、試合は1-2で終わった。「下を向いてはいられない」と、大南は気丈に振舞っている。痛い敗戦であり、大南としても悔いの残るゲームだった。それでも、今回の静岡ダービーも彼にとって『きっかけ』となるはずだ。

 昨季終盤に出場機会を掴み、様々な相手とマッチアップしてきた。十分に戦える手応えを得つつ、試合ごとに課題を見つけてもいた。最終節の川崎フロンターレ戦ではラストプレーで家長昭博に突破を許し、スコアを動かされた。プレーオフに回ることになったチームはそこから1週間、気持ちを奮い立たせて東京ヴェルディとの決定戦に臨み、大南もJ1残留に貢献した。

 修羅場に身を置き、ヒリヒリするような戦いを経て自信も掴んだ。今季も主力を張る中で大分戦では一発退場を経験。J1の舞台が甘くはないことを肌で感じた。しかし、その後に芽生えた自覚と責任感を考えれば、打ちのめされたことで大南は一皮剥けたとも言える。

 成功の喜びも失敗の重みも、21歳にとって必ずプラスになる。なかなか波に乗り切れないチーム状況なだけに悠長なことは言っていられないが、大南の成長がジュビロ磐田に不可欠な要素であることは間違いない。

(取材・文:青木務)

フットボールチャンネル

最終更新:4/16(火) 11:22
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事