ここから本文です

英国人特派がトッテナムの新スタに潜入! 総工費約1450億円の新ホームは女性ファンにも配慮のある場所だった

4/16(火) 5:40配信

SOCCER DIGEST Web

思わず嫉妬の涙。

 トッテナムの指揮官マウリシオ・ポチェティーノは、先月末に約4年の月日と総工費10億ポンド(約1450億円)を費やした待望の新スタジアムを見て、「正直言って、泣きそうだ。みんなの夢が現実になったんだからね」と、目を潤ませながら喜びを表現した。

【動画】英国内で大反響! トッテナム新スタの“魔法のビール”はこちら

 私も実際に足を運び、ポチェティーノのように涙した。それは彼らの新スタジアムに対する羨ましさからくる嫉妬の涙だった――。

 4月13日(現地時間)に行なわれたプレミアリーグ第34節、トッテナムが本拠地にハダースフィールドを迎えたこの一戦に私は足を向けた。

 今月3日に開催されたクリスタル・パレスとの新スタジアムにおけるプレミアリーグの“初陣”を2-0で勝利していたトッテナム。今節は、すでに降格の決まっているハダースフィールドを相手に爆発し、ルーカス・モウラのハットトリックとビクター・ワニャマの一撃で4-0と圧勝した。

 そんな一戦は試合前から活気づいていた。キックオフの数時間前からサポーターたちがスタジアム内に入って、まるで観光名所でも回るかのように新スタジアムを観察していたからだ。同じロンドンに拠点を置き、約3年前に本拠地を移転したウェストハムのそれとは、サポーターの反応が大違いである。

 いまだネーミングライツを買い取る冠スポンサーがついていないため、「トッテナム・ホットスパー・スタジアム」と名付けられている新スタジアムは、外観が大きく、美しい。さらに内部には新車を下ろした時の匂いが立ち込めていて、私は清々しい気分に浸っていた。

 そんなトッテナムの新スタジアムは一体何が凄いのか? まず挙げられるのが、圧倒的なキャパシティーだろう。

 イングランド国内のクラブが所有するスタジアムでは、マンチェスター・ユナイテッドのオールド・トラフォードに次ぐ6万2062人を収容。無論、ロンドンでは最大級だ。ホワイト・ハート・レーン時代の最大収容人数が、3万6284人だったことを考えれば、大幅な増加である。

 実際、ハダースフィールド戦でも、ファンの数がこれまでの約2倍に膨れ上がったことで、トッテナムは、かなり強力な後押しを得ていた。この日のトッテナム・サポーターが陣取るゴール裏のスタンドは、「黄色い壁」と言われるドルトムントのゴール裏を彷彿とさせるほど、凄みがあった。さながら「白き壁」と言ったところだ。

1/2ページ

最終更新:4/16(火) 5:40
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事