ここから本文です

イーサリアムが検討するアルゴリズムの変更は、再度の分裂を引き起こすリスクをはらんでいる

4/16(火) 12:13配信

WIRED.jp

ブロックチェーンのプラットフォーム「イーサリアム」に最初の試練が訪れたのは、2016年7月のことだった。イーサリアムは、仮想通貨(暗号通貨、暗号資産)の草分けである「ビットコイン」のように非中央集権的なシステムという概念の下に成り立っている。コードに支えられたシステム内の相互信頼という仕組みに基づいて、一部のメンバーたちがプラットフォームを構築してきたのだ。

仮想通貨の弱点が、「イーサリアム・クラシック」への攻撃から浮き彫りに

ところが、誕生から1年もしないうちに、絶対に信頼できるはずのコードを使って書かれたプログラムのひとつがハッキングの被害に遭う事件が起きた。具体的には、分散型のヴェンチャーキャピタルを設立することを目的とした「DAO」と呼ばれるプロジェクトで、5,000万ドル(約56億円)の資金が盗まれたのだ。

この事件に直面したイーサリアムの開発チームは、被害を取り戻すためにプラットフォームのコードを書き換えて取引を無効にした。しかし、これによって重大な問題が生じた。イーサリアムに限らず、ほかの“非中央集権的”なプラットフォームはどれもそうだが、取引を無効にするような権利をもつ人間がいていいのだろうか?

DAO事件が起きたとき、イーサリアムにかかわっていた人の数はまだそれほど多くはなかったが、それでもコードの強制書き換えという措置に反対する声はあった。結果として、プラットフォームはふたつに分裂した。

イーサリアムの大型アップデートの背景

以来、イーサリアムは順調に拡大を続け、さまざまなビジネスやユーザーが集まる数十億ドル規模のプラットフォームにまで成長した。ただ、重要な意思決定を下す際の手順は曖昧なままで、Twitterでのごたごたした議論、実際に顔を合わせての話し合い、開発者たちによる投票などが行われている。

そして、今年3月半ばに行われた開発者会議で、イーサリアムの大型アップデートが行われることが決まった。ただ、ここにはシステムの改変だけでなく、プラットフォームの運営に関わる政治的な内容も含まれている。

今回のアップデートを提案したのは開発チームのメンバーであるクリスティー・リー・ミネハンで、背景にはマイニング装置業界の動向がある。イーサリアムはビットコインと同様に、「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」と呼ばれるプロトコルを採用する。プラットフォームではいくつものコンピューターが複雑な数学的処理をこなしており(この行為を「マイニング(採掘)」という)、最初にその処理を終えた者が報酬を手にするのだ。

ビットコインが誕生した10年前なら、マイニングは普通のデスクトップコンピューターでも簡単にできたが、競争者が増えるにつれ処理能力の高いGPUが使われるようになった。ビットコインはその後も値上がりを続けたため、ASIC(特定用途向け集積回路)と呼ばれるさらに強力なチップが登場する。これは各仮想通貨のマイニング専用に設計された半導体で、非常に鋭利な刃物のようなものだ。

1/4ページ

最終更新:4/16(火) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事