ここから本文です

タイガー・ウッズが完全復活。オーガスタには優勝オーラが漂っていた

4/16(火) 7:20配信

webスポルティーバ

 前半を終えて、13アンダーのモリナリが首位をキープ。それを、ウッズが12アンダーで、ケプカとフィナウが11アンダーで続いた。

 そうして、最終組が14番ホールを終えた時点では、12アンダーの首位には、ウッズ、ジョンソン、モリナリら5人が並んだ。しかも、1打差の11アンダーに2人、2打差の10アンダーにも3人が控えていた。

 モリナリは、12番に続いて15番でもダブルボギーを叩いて脱落。逆に、15番、16番と連続バーディーを奪ったウッズが14アンダーで単独トップに浮上。こうして、ウッズは2位のジョンソン、ケプカらに2打差をつけて、最終ホールを迎えることができた。

 ゲームの流れは、誰が勝ってもおかしくない状況だった。

 ウッズの楽勝ペースだったわけではない。むしろ、苦しい展開、紙一重の状況のなか、絶妙なショットやパッティングに救われたと言ってもいい。

 ただし、流れ的には”ウッズが優勝する”そんな空気感があった。それは、オーラである。ウッズ自身が発するオーラだけではない。オーガスタの森を囲むギャラリー全体のオーラが、ウッズのオーラに呼応するかのように、この日のゲームを包んでいた。

 とてつもない威圧。それが、他の選手の妙技を阻んだような気がした。

「本当に勝ててうれしい。僕はこの試合のために、6カ月前から照準を合わせてやってきたんです」と、ウッズは語った。

 6カ月前から照準を合わせる? それは到底、想像に及ばない。おそらくその難しさは、やった人間にしかわからないことだと思う。

「あの人なら、普通にやれば(マスターズで優勝する)そういう力がある人だと思うから」

 日本期待の松山英樹は、優勝したウッズについてそう語った。その松山は、残念ながら通算3アンダー、32位タイに終わった。松山は「ちょっとしたズレが修正できなかった」と言う。

 ウッズは、会見の中で「僕は決して諦めなかった。諦めないでやることしか、道は開けないんですよ」と言った。かつて、彼はこんなことを言ったこともある。

「僕の財産は精神力です。そして、僕の武器は闘争心です」

 43歳、タイガー・ウッズの優勝シーンを見た松山は今、何を思うのか。そしてこの先、どう取り組んでいくのか。いい刺激となっていることを期待したい。

三田村昌鳳●取材・文 text by Mitamura Shoho

2/2ページ

最終更新:4/16(火) 7:20
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事