ここから本文です

予算100万円未満で探す中古車! コスパに優れるアウトドア系SUV4選

4/16(火) 18:30配信

Auto Messe Web

コンパクトで大人4人がゆったり乗れる

 ここ数年は高い人気を維持し続けているSUV車。その中でも人気をけん引しているのは、乗用車をベースにしたクロスオーバーSUVと呼ばれるモデルたちだ。中には販売台数の大部分を2WD車が占める車種も少なくない。

200万円以下の「中古SUV」6選

 余裕の最低地上高や、見晴らしがよく運転しやすいほか、大人4人がしっかりと乗れるのも人気の秘密。パジェロやランクルといったガチなヤツまでではないけれど、アウトドアレジャーでも使えるSUVが欲しいという人のために、車両価格100万円以下で狙えるコストパフォーマンスに優れたモデルをピックアップしよう。

1.ダイハツ ビーゴ/トヨタ ラッシュ

 それまでのテリオス/キャミの後継車種として2006年に登場したビーゴ/ラッシュ。テリオスは軽自動車のテリオスキッドと多くの部分を共有したため、お世辞にも広いとは言えない室内空間だったが、こちらは当初から普通車としてのみ開発。コンパクトなボディながら後部座席も大人がしっかりと座れる。

 ボディは、ラダーフレームを組み込んだビルトインラダーフレーム。フルタイム4WDを採用し(2WDモデルも有)メカニカルセンターデフロック付きという本格的な仕様となっている。

 中古車市場では販売台数の差かラッシュの方がビーゴよりも4倍ほど多く流通しており、探しやすい。2016年まで販売されていたため、高年式車は100万円オーバーとなるが、初期のものであれば40万円から見つけることができる。

2.スズキ エスクード(先代)

 現行モデルはコンパクトなクロスオーバーSUVとなってしまったエスクードだが、先代はビルトインラダーフレームを持つ本格派。排気量も1.6リッターから3.2リッターV6まで幅広く、用途にあった仕様を選ぶことができた。

 ボディは5ドアのみ。前述の1.6リッターエンジンと5速MTを搭載した3ドアもごく短期間のみ存在し、2リッターモデルにはMTの設定があるなど、ツウ好みのラインナップも魅力だった。

 車両価格100万円以下では2リッターモデルとなるが、2.7や2.4リッターモデルも探せば見つかるというレベル。3.2リッターに関しては流通台数がかなり少ないので根気強く探す必要がありそうだ。

1/2ページ

最終更新:4/16(火) 18:30
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事