ここから本文です

キャサリン妃とメーガン妃が愛するカジュアルブランド。

4/16(火) 21:42配信

フィガロジャポン

メーガン妃のエスパドリーユはカスタニエール

10月にオーストラリアを公式訪問した際、メーガン妃はスペインブランド、カスタニエール(Castaner)の快適な黒のエスパドリーユを履いて現れた。同ブランドの靴はオフィシャルウェブサイトで90ユーロから購入可能だ。

メーガン妃の定番ブランド、ジェイクルー

ジェイクルー(J.Crew)には「手が届くシックなブランド」という言葉がピッタリだ。アメリカブランドのジェイクルーは何年間もの間、変わらない人気を誇っている。2月下旬、モロッコでメーガン妃は同ブランドのミリタリーカーキのパーカを着ていた。16年から愛用している、メンズのものだ。ジェイクルーのウェブサイトで購入可能だったが(275ドル)、すぐに完売した。18年3月にバーミンガムを訪れた際、メーガン妃はネイビーブルーと白のコートを着用し、こちらもすぐ売り切れた。

キャサリン妃と子どもたちのお気に入り、ギャップ

キャサリン妃は、ケンジントン・ハイストリートにあるギャップ(Gap)をたびたび訪れて自分と3人の子どもたち(ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子)のために買い物をしている。シンプルなブラウスやパンツなどを好んで買い求めており、上記の写真は16年9月のウィリアム王子との王室ツアーのものだ。エレガントな着こなしには、必ずしも高額なアイテムを身に着ける必要はない。

texte : Chloe Laforest (madame.lefigaro.fr), traduction : Hanae Yamaguchi

3/3ページ

最終更新:4/16(火) 22:27
フィガロジャポン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

トレンドに流されず、自分らしいスタイルを
探したい女性たちへモード、カルチャー、
旅、インテリアなどの様々なジャンルの情報を
「ファッション」の視点で発信します。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事