ここから本文です

レッドブル・ホンダの奇襲は不発。明確になってしまった2強との差

4/16(火) 18:34配信

webスポルティーバ

 第3戦・中国GP決勝はレース中盤を過ぎて各車ピットストップを終えたところで膠着状態となり、弛緩した雰囲気が漂い始めた。そんな34周目、4位のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がピットに飛び込んだことで、レースは再び動き出す。これに反応して、3位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)もピットインし、ワンツー体制を固めていたメルセデスAMGの2台も続いてピットインした。

【写真】佐藤琢磨も感嘆した18歳の史上最年少ウィナー

 結果的に順位の変動はなかったものの、1ストップ作戦が定石と見られていた中国GP決勝は、レッドブルのアグレッシブな戦略によって再び緊張感が生まれた。

 レッドブル・ホンダのクリスチャン・ホーナー代表はこう語った。

「我々のピットストップが、2ストップ作戦に移行するライバルたちの引き金を引いた感じだったね。我々の作戦はレースのかなり早い段階で決まっていて、自分たちのレースを最も速くするためには2ストップ作戦が必要だとわかっていた。ライバルたちが1ストップ作戦をキープするなか、セーフティカーが入ればチャンスになると考えていたんだ」

 それは昨年、同じく中国GPでレッドブルが奇跡的に優勝したのとまったく同じ戦略だった。古いタイヤをいたわりながら1ストップで走り切るライバル勢に対し、2ストップでフレッシュなタイヤを履いたことがセーフティカー導入後の快進撃につながった。

 今年もレッドブルは、その再現を狙っていた。1回目のピットストップを17周目という早いタイミングで行なったのは、そのためだった。

 それはアグレッシブな戦略ではあるが、逆に言えば、今のレッドブル・ホンダは“奇襲作戦”を採るしかなかった、ということでもある。

「今日の我々には、フェラーリほどの速さがなかった。だから、少なくともフェラーリの1台を食うためには、2ストップ作戦が必要だったんだ。我々のピットインを見て、セバスチャンがもう1回ピットストップをするかどうかチームと話し合い、彼がピットインしたらメルセデスAMGもピットインした。だから(同じ戦略となって)我々としては4位が最大限の結果だったよ」

 ルノー製パワーユニットを搭載していた昨年序盤のレッドブルは、上位2強との間に大きな差があり、度々こうした奇襲戦法で活路を見出そうとしてきた。同じ戦略で戦っても勝てるチャンスが皆無なら、少しでも可能性があるほうにチャレンジするのが、彼らのやり方だからだ。

 ホンダとタッグを組んだ今のレッドブルも、それと同じ状況にある。奇しくも1年前、奇跡的に勝利を収めたこの中国で、そのことを自ら証明してしまった。

1/3ページ

最終更新:4/16(火) 18:34
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事