ここから本文です

シャポバロフのクレーシーズンは1回戦負けでスタート [男子テニス]

4/16(火) 19:01配信

テニスマガジンONLINE

 ATPツアー公式戦の「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ」(ATP1000/モナコ・モンテカルロ/4月14~21日/賞金総額558万5030ユーロ/クレーコート)のシングルス1回戦で、第15シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)がヤン レナード・ストルフ(ドイツ)に7-5 3-6 1-6 で敗れ、クレーコートシーズンの出だしでつまずいた。

2019年ロレックス・モンテカルロ・マスターズ|PHOTOアルバム

 20歳のシャポバロフは、ロジャー・フェデラー(スイス)に準決勝で敗れたマイアミ・オープンのハードコートでの進撃のあとに、この大会にやって来た。

 しかしモンテカルロのクレーコートは、ダイナミックなショットを打つシャポバロフのよさを発揮させてくれなかった。ノーシードのストルフは彼のサービスを攻略し、16本のブレ―クポイントのうち6つをものにした。

 ストルフの次の相手は、前日に勝ち上がりを決めていたグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)となる。ディミトロフは昨年の同大会で準決勝に進出し、そこでラファエル・ナダル(スペイン)に敗れていた。

 前年度覇者のナダルは、実現すれば最多記録更新となる12度目のタイトルを目指す挑戦を、水曜日に同胞のロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に対してスタートさせることになる。バウティスタ アグートはこの日、ジョン・ミルマン(オーストラリア)を3-6 6-1 6-1で倒して勝ち上がった。

 ナダルは、右膝の故障のため先月のインディアンウェルズでフェデラーに対する準決勝を棄権して以来、プレーしていなかった。ナダルは月曜日の記者会見で、2週間前に練習を始めて身体の調子はいいと感じていると明かしていた。

 世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、2回戦でフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦することになった。ジョコビッチは過去の10対戦のうち8試合で勝っていたが、コールシュライバーはごく最近、インディアンウェルズでジョコビッチを倒したばかりだ。

 また、第10シードのダニール・メドベデフ(ロシア)、第11シードのマルコ・チェッキナート(イタリア)、第13シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)、第16シードのダビド・ゴファン(ベルギー)らも2回戦に駒を進めたが、第12シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)と第1シードのカイル・エドマンド(イギリス)は敗れた。

 メドベデフは1度もブレークポイントに直面することなく、ジョアン・ソウザ(ポルトガル)を6-1 6-1で退けた。昨年のフレンチ・オープン準決勝進出者のチェッキナートは、第1セット4-0とリードした時点で対戦相手のダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)が棄権したため勝ち上がった。

 また、ゴファンが予選勝者のギド・アンドレオッシ(アルゼンチン)を6-1 6-4 で下したが、フォニーニはより厳しい試合を強いられた。

 血の気の多いことで知られるフォニーニは、ノーシードだが才能には定評のある21歳のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に4-6 7-5 6-4で競り勝った。フォニーニは逆転勝利をおさめる過程で、観客たちを味方につけていた。地理的にイタリアに近いこともあり、モンテカルロにはイタリア人の観客も多く詰めかけている。

 一方、バシラシビリがマートン・フクソービッチ(ハンガリー)に5-7 6-3 1-6で、エドマンドはディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に6-4 3-6 1-6で敗れた。

 そのほかの試合では、ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)、ラドゥ・アルボット(モルドバ)、ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)、マルティン・クーリザン(スロバキア)、ワイルドカード(主催者推薦枠)のジャウメ・ムナール(スペイン)、予選勝者のロレンツォ・ソネゴ(イタリア)が初戦を突破した。(C)AP(テニスマガジン)

MONTE-CARLO, MONACO - APRIL 15: Denis Shapovalov of Canada plays a forehand against Jan-Lennard Struff of Germany in their first round matchduring day two of the Rolex Monte-Carlo Masters at Monte-Carlo Country Club on April 15, 2019 in Monte-Carlo, Monaco. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:4/16(火) 19:01
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事