ここから本文です

レクサスのミニバン「LM」ついに登場! アルファード/ヴェルファイア以上に派手&豪華に!

4/16(火) 14:19配信

GQ JAPAN

4月16日に開幕した上海モーターショー(25日まで開催)で、レクサスのミニバン「LM」が発表された!

【写真を見る】リアビューも衝撃的!

2019年4月16日、レクサスはブランド初のミニバン「LM」を、上海モーターショーで発表した。

LMのベースはトヨタのミニバン「アルファード/ヴェルファイア」。エクステリアは、フロントとリアがレクサスのオリジナルデザインで、とくにフロントグリルには、ほかのレクサスとおなじくスピンドル・シェイプが与えられ、ファミリーの「顔」つきになった。グまた、メッキパーツを随所にあしらい、ゴージャスな雰囲気を高めてもいる。

パワートレーンは、アルファード/ヴェルファイアが搭載する2.5リッター直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッド仕様。組み合わされるトランスミッションは電気式無段変速だ。

インテリアは、アルファード/ヴェルファイアのデザインを踏襲するものの、随所にレクサスらしさをくわえた。墨絵をモチーフにしたインテリアパネルもあり、中国市場がメインのモデルらしい演出もおこなっている。

特等席の2列目は電動調整式のセパレートタイプのシート(オットマン付き)で、定員は4人。大型液晶モニターや、シャンペンなどを冷やすのに最適なクールボックスも搭載される。また、サウンド・システムはLM専用に開発したマークレビンソン。19個のスピーカーを搭載する。リアシートでの聴き心地を優先し、開発されたそうだ。

なお、日本に導入するかどうかは未定という。

文・稲垣邦康(GQ)

最終更新:4/16(火) 14:19
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年7月&8月合併号
2019年5月25日発売

800円(税込)

バスケ界期待の新星・八村塁/特集「TOKYO 2020 WINNERS」2020年に躍動する勝者を見逃すな!/ 別冊付録「スポーティな時計たち」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事