ここから本文です

森崎ウィン、浦上晟周、田中泯、STUDIO4℃『海獣の子供』出演へ 窪塚愛流は変声期のため辞退

4/16(火) 12:03配信

リアルサウンド

 6月7日公開の映画『海獣の子供』の追加キャストとして、浦上晟周、森崎ウィン、田中泯の出演が決定した。

『海獣の子供』ポスタービジュアル

 本作は、五十嵐大介の同名コミックを、『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞したSTUDIO4℃が映像化するもの。“海を舞台とした生命の秘密”をテーマに、ヒトと自然世界の繋がりを描く。

 主演を務めるのは、14歳ながらにして数々の映画・ドラマ・CMにて幅広く出演する芦田愛菜。音楽は久石譲が手がけた。

 主人公・琉花と共に物語の鍵を握るジュゴンに育てられた2人の少年が海と空だ。今回、石橋陽彩演じる海の兄である空役を新たに浦上晟周が演じることが決定。さらに、2人の少年の謎を追う天才海洋学者・アングラード役を森崎ウィンが、アングラードのかつての相棒で、海と空を保護している海洋生物学者・ジム役を田中泯が演じる。

 2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』で堺雅人演じる真田幸村の嫡男・大助を好演し、本年秋には宮崎駿のオリジナル作品で国内初の舞台化となった『最貧前線』にも出演が決定している浦上は、本作がアニメーション映画初声優となり、「最初は不安が大きかったですが、声を吹き込ませて頂く過程はすごく楽しかったです。『空』が醸し出す雰囲気は異質で、台詞のテンポやリズムも独特です。渡辺監督と色々お話をさせて頂きながら、大人びている喋り方と、時折見せる少年らしさのバランスを意識しました」と初めての声優ながら、キャラクターを丁寧に作り上げた様子。

 また、ダンスボーカルユニット・PRIZMAXのメインボーカルとして活躍しながら、俳優としてはスティーヴン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』で青年トシロウ役に抜擢された森崎は、浦上と同じく初のアニメーション映画での声優にあたり、「絵の中にいるキャラクターと一緒に呼吸をしなくてはいけないと感じました。今回でいうとアングラードと僕、2人で1人という感覚で、その息がピタっ!とはまった瞬間はすごく気持ちがよかったです」と初挑戦ながら声の演技を通して映画に参加する喜びを語った。

 さらに、数々の映画作品に出演するほか、『鉄コン筋クリート』の“ネズミ”という独特なキャラクターを演じ、13年ぶりにSTUDIO4℃作品に帰ってきた田中は、「『参加せよ!』と何処からか聞こえる気がしたのです。好奇心の脈動に震える僕に安堵したのでした。収録については、大きなヘッドホンからの自分の声に包まれて言葉を出す、まさしく声もカラダなのだ、と思い、演じることの面白さと際どさを同時に感じるお仕事でした」とカラダで表現するものとしての共通点をアニメーションに見い出した。

 また、当初空役としてキャスティングが決まっていた窪塚愛流は、変声期により安定した発声が困難とのことで出演を辞退することとなった。

■コメント一覧
●窪塚愛流
変声期のために安定した声を出すことが困難だったため、スタッフの皆さまにご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。大変残念ですが出演を辞退させて頂くことを決めました。
この悔しさをバネにしながら、作品の完成を楽しみにしています。

●浦上晟周(空役)
原作の漫画を読み終えたとき、自分の周りの世界が、少し違って見えました。僕にとってアニメの声を演じさせて頂くのは初めての経験でした。最初は不安が大きかったですが、声を吹き込ませて頂く過程はすごく楽しかったです。
「空」が醸し出す雰囲気は異質で、台詞のテンポやリズムも独特です。渡辺監督と色々お話をさせて頂きながら、大人びている喋り方と、時折見せる少年らしさのバランスを意識しました。映画館を出たときに、周りの世界が少し違って見えるような作品になったら嬉しいです。

●森崎ウィン(アングラード役)
アニメーションの声優は初挑戦ということで、収録用の映像を何度も見返して本番に臨みました。『レディ・プレイヤー1』では、自分で演じたキャラクターの吹替え版だったので、感情を掴みやすかったのですが、アニメーションの場合は、「絵の中にいるキャラクターと一緒に呼吸をしなくてはいけない」と感じました。
今回でいうとアングラードと僕、2人で1人という感覚で、その息がピタっ!とはまった瞬間はすごく気持ちがよかったです。それから、「1枚1枚絵を作って下さった方との呼吸でもある」ということも感じました。僕とアングラードとアニメーターさんとのフィルムの中での共演を是非見届けて下さい。

●田中泯(ジム役)
オファーを頂き、海獣の子供の原作本が届き、一息で読みました。「参加せよ!」と何処からか聞こえる気がしたのです。好奇心の脈動に震える僕に安堵したのでした。
収録については、大きなヘッドホンからの自分の声に包まれて言葉を出す、まさしく声もカラダなのだ、と思い、演じることの面白さと際どさを同時に感じるお仕事でした。水の星・地球、緑のふるさと・地球、ヒトのふるさとは何処!

リアルサウンド編集部

最終更新:4/16(火) 12:03
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事