ここから本文です

新築アパート投資の罠…「高い利回り」のカラクリとは?

4/16(火) 14:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

不動産投資には大きく分けて、中古一棟、新築一棟(建売り、土地から探す等)、区分(中古、新築)、戸建て等の種類があります。今回は、建売りの新築アパート投資を検討する前に知っておくべきことについて見ていきます。※本連載では、サラリーマン大家として活躍する丸川隆行氏の著書、『サラリーマンの僕がやっている 稼げる「新築アパート」実践投資法』(日本実業出版社)から一部を抜粋し、他の不動産投資と比較した場合の「新築アパート投資」の優位性について、具体的に解説していきます。

新築アパート投資では返済比率を重視すべき理由

今回は、不動産業者が販売する新築アパートの不動産投資物件例を見ていきます。

こうした物件を建売りする業者の工程は、(1)土地を仕入れ、(2)間取りを決め、(3)建物を建築し、(4)それらにかかる原価に利益をのせて売りに出す、となります。その際、売価の決定は周辺相場での表面利回り(関連記事「 利回りよりキャッシュフロー…新築アパート投資が高収益な理由 」)と同じくらいになる金額に設定します。

そのため、建物の建築費用を安くして、そこに利益をのせているので、購入者から見ると割高になりやすいのです。新築アパートは、築年数の経過に伴う家賃の下落が、一定の築年数が経過したアパートよりも著しいのが一般的です。

そのため、新築時の返済比率は余裕を持って考えておく必要があります。7%の利回りの新築アパートを[図表2]のような条件で購入した場合、月々の家賃収入と返済金額は、下部のようになります。

このように返済比率が60%ですと、3分の2以上の部屋が埋まっていないと返済ができなくなる計算です。新築なので、滅多なことでは3分の1以上の退去はないと思うかもしれません。事実、私も1棟目の時は同じように思っていました。

新築の場合、建物の完成後、一斉に入居募集をするため、入居する時期がほとんど変わりません(よくあるのは3月の繁忙期前に完成させ、入居者の募集活動をするケースでしょう)。そのため、2年後の更新期に複数の入居者の退去が重なることがあるのです。

私の1棟目の物件がまさにその状態になりました。2年経った更新時期に、6部屋中4部屋から退去の連絡が来てしまいました。その時の私の返済比率は60%近かったため、すぐに2部屋を埋めないと持ち出しが発生してしまう事態だったのです。結果的には早期に4部屋を埋めることができたので、問題なく経営を続けることができました。

それでも、早く入居してもらうため、家賃を10%程度低く設定したりしましたので、利回りは下がってしまいました。このようなこともあることを想定して収支計画は考えてほしいと思います。返済が滞ることが、不動産投資家にとって最も避けたいことですので、私はこの返済比率を最も重視しています。

1/2ページ

最終更新:4/16(火) 14:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事