ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、1球で3人を直撃 “159キロの悲劇”に米笑撃「ボウリングをするべき」

4/16(火) 19:03配信

THE ANSWER

今季初勝利のダルビッシュ、この日最後の1球が話題騒然

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手が15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦に今季4度目の先発マウンドに上がり、5回2/3で4安打2失点8奪三振と好投。今季初勝利をマークした。注目を集めているのは6回に投じた99マイル(約159キロ)のファストボールだ。打者を直撃、そして跳ね返りが審判にも直撃。さらに手前の捕手にも直撃するという、“1球で3死球”状態に。海外メディアは続々動画を公開。ファンからは「なんでこんなに面白いんだ」などと反響のコメントが続々と寄せられている。

【動画】159キロの剛速球が…1球で3人を直撃するボウリング状態に、現地で笑撃拡散のダルビッシュの最後の投球

 今季最高の投球を見せたダルビッシュだが、反響を呼んでいるのは最後の1球だ。6回2死で右打席にはブリンソン。右腕が投じた99マイルは内角へ外れ、踏み込んできたブリンソンの右太ももあたりに当たった。死球だが、ここからが“本番”だった。

 軌道が変わったボールは球審の首を直撃。そして跳ね返って、捕手のコントレラスの背中にも当たったのだ。1球で3人を直撃するまさかの展開となった。

 この1球を最後に降板となったが、見事に勝利投手となったダルビッシュ。ヤフースポーツ、米誌「スポーツイラストレイテッド」など複数の米メディアが公式ツイッターでこのシーンを動画を公開するなど、現地では“バズり”状態に。ファンにも笑撃が広がっている。

ファンには笑撃拡大「なんでこんなに面白いんだ」

「猛烈!!」
「なんでこんなに面白いんだ」
「オフシーズンにムーキー・ベッツとボウリングをするべき」
「非現実的だ!!」
「非常に素晴らしい!」
「ボウリングでは、これをストライクと呼ぶ」
「なんてこった」
「ボールじゃない、1ストライクだ」

 狙っても出来ない偶然の産物。直撃した3人にとっては痛いというほかないが、ダルビッシュの復調ぶりもあって、ファンの爆笑を誘っている。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:32
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事