ここから本文です

iPhoneのストレージをサクッと確保する裏技。書類とデータは残したままに

4/16(火) 8:45配信

bizSPA!フレッシュ

 こんにちは、bizSPA!ガジェット班の尾身宗一郎です。

 iPhoneをはじめ、みなさんがビジネスシーンで日々使用しているさまざまなガジェットの“知られざる裏技”を紹介していくこの連載。

 今回はiPhoneユーザーにぜひ使ってもらいたい、容量をサクッと増やせる裏技を紹介します。

アプリを消すのではなく“取り除く”

 多種多様なアプリを簡単にインストールし、使用できるのが、iPhoneの大きな魅力です。しかし、あまり利用しないアプリがたくさん溜まってしまい、いつの間にか、必要以上にストレージ容量を食っているというのはよくある話。

 とはいえ、それらのアプリを削除するのは抵抗があるもの――。実は、iPhoneには普段利用していないアプリを自動で見つけて、それらを自動で削除してくれる機能があります。

 ただし、「削除」と言っても、そのアプリが扱うデータやログなどは保存したまま、アイコンもそのまま残るので、“完全な削除”にはならないのでご安心を。「データが消えても問題ない!」という人は、ホーム画面でアイコンを長押しし、プルプル震えたら、アイコン右上の「×マーク」を削除しちゃうのもアリです。

取り除き方① 利用していないアプリをiPhoneに判断してもらう

 アプリの取り除き方には2通りの方法があります。

 1つ目は、利用していないアプリをすべてiPhoneに判断してもらって取り除く方法です。

1.「設定」アプリを開く
2.「iTunesとApp Store」をタップ
3.「非使用のAppを取り除く」をONにする

 これで完了です。取り除かれたアプリは、下図のようにダウンロードアイコンが表示されます。再度使用したいなら、アプリをタップしてダウンロードできます。

取り除き方② 利用していないアプリを自分で指定する

 2つ目は、アプリを自分で個別指定して取り除く方法です。iPhoneが一気に非使用のアプリを取り除くのに抵抗感がある人は、まずはこちらの方法で試してみても良いかもしれません。

1.「設定」アプリを開く
2.「一般」をタップし、「iPhoneストレージ」からアプリを選択
3.「Appを取り除く」をタップする

 このとき、「Appを削除」を選択してしまうと、完全にアプリが削除されてデータも残りません。注意しましょう。ちなみに、「iPhoneストレージ」の画面から「非使用のAppを取り除く」を選択すると、1つ目のやり方と同様にiPhone側で自動で非使用のアプリを判断して取り除いてくれます。

 いくらストレージが節約できるかは、「非使用のAppを取り除く」の下の説明部分で確認ができます。

 簡単にできる裏技なので、iPhoneのストレージが気になっている人は、ぜひ試してみてください。なお、この機能はiOS 11以降で使うことができるので、まだアップデートしていない方は早くiOS 11以降にアップデートしましょう。

<TEXT/尾身宗一郎>

bizSPA!フレッシュ 編集部

最終更新:4/16(火) 8:45
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事