ここから本文です

レアル15歳中井卓大が強烈15m左足ミドル弾! レアル公式で2週連続「ゴラッソ」認定

4/16(火) 6:01配信

Football ZONE web

コンプルテンセ・アルカラ戦で左足を一閃し、完璧なコースに15mミドル弾を決める

 レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属する15歳MF中井卓大が、現地時間14日のコンプルテンセ・アルカラ戦で約15メートルの左足ミドル弾を叩き込み、5-0と勝利に貢献している。“ピピ”の愛称で親しまれる中井のゴールを、レアル下部組織公式ツイッターが紹介した。

【動画】「君は日本の未来」「流石」と反響! “ピピ”こと中井卓大の強烈な左足ミドル弾

 カデーテAは本拠地でコンプルテンセ・アルカラと対戦。0-0で迎えた前半12分、敵陣で攻めるなか、中井はペナルティーアーク後方でボールを受けると、ワンドリブルを挟んで左足を一閃。糸を引くような弾道のボールは左ポストに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。前節のラス・ロサス戦(3-0)に続く2試合連続ゴールで先制点を挙げ、中井もお辞儀ポーズで喜びを表現した。

 相手GKの懸命な横っ飛びも及ばない完璧なコースへの一撃を、レアル下部組織公式ツイッターが「ゴラッソ」として紹介。フベニールB(U-18)、フベニールC(U-17)、カデーテA(U-16)、カデーテB(U-15)、アルビン(U-12)から一つずつファインゴールが選ばれたなか、中井のミドル弾も堂々とノミネート。先週に続いて2週連続で“ゴラッソ認定”となった。

 中井は自身のインスタグラムで「日本に出発する前に勝利」とスペイン語で投稿。カデーテAは、19日から日本で開催される「U-16 キリンレモンCUP2019」への出場が決まっており、中井は昨年に続いて日本凱旋を果たす予定。成長著しい“レアルのピピ”がどんなプレーを見せてくれるのか、期待は高まるばかりだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/16(火) 16:56
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事