ここから本文です

怒りの矛先を「他人にぶつける」人のヤバい心理

4/16(火) 11:00配信

東洋経済オンライン

とくに理由がないにもかかわらず、他人に対して攻撃的になる人が、はびこるのはなぜか?  無関係の相手に怒りをぶつける人の心理を『一億総他責社会』(イースト新書)の著者である精神科医の片田珠美氏が浮き彫りにする。

 本来、怒りを感じたら、その原因になった人物や組織に向かって感情をぶつけるのが筋だ。しかし、それができない状況だったり、直接反撃するのが怖かったりすると、代わりにほかのものに感情をぶつけて、それによって心のバランスを取ろうとする。

 これは、精神分析で「置き換え」と呼ばれる防衛メカニズムである。この「置き換え」による鬱憤晴らしを知らず知らずのうちにやってしまうのが人間という生き物だ。

■なぜ「置き換え」が起きるのか? 

 現在の日本社会で、この怒りの「置き換え」が至る所で起こる最大の原因は、本来怒るべき相手、つまり怒りの原因になった人物や組織に対して怒れない、つまり怒りをきちんと出せないことだと私は思う。

 例えば、ある企業で、定年後再雇用の60代の男性が派遣社員の女性に怒鳴ってばかりいて、苦情が出ているということで、面談したところ、不満たらたらだった。「65歳にならないと年金をもらえないので仕方なく働いている。一度定年になって給料がガクンと減ったのに、仕事は以前と同じように押しつけられる」「自分は債権管理の仕事を長年やってきて、管理職だったのに、派遣社員の女の子と同じ文書作成の仕事をやらされる。やる気が起きない」などと訴えた。

 この男性が怒鳴りたくなる気持ちもわからないではない。厚生年金の支給開始年齢が引き上げられて、生活のために働かざるをえないが、給与は大幅に減少する。しかも、管理職ではなくなり、管理する側から管理される側へと立場が変わるわけで、プライドも傷つく。おまけに、処遇が悪くなったからといって、仕事量が減るわけではないのだから、怒るのは当然だ。

 だから、派遣社員の女性に怒りをぶつけるのだろうが、このように怒りの「置き換え」によってその矛先を向けられる側はたまったものではない。そのうえ、人事担当者の話では、この男性は文書作成のスピードでも正確さでも派遣社員の女性に劣るらしく、派遣社員から「あの人は私たちよりも高い給料をもらっているくせに、仕事は遅いし、ミスばかり。そのくせ、怒鳴ってばかりいて、何とかしてください」と苦情が出ているという。

1/4ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事