ここから本文です

J1新加入期待の外国人選手5人(3)。バルサ化の伝道師らスペイン、ブラジルの実力者が来日

4/16(火) 10:00配信

フットボールチャンネル

2019シーズンのJリーグが開幕した。どのチームも戦力補強に余念がなく、多くの選手が新天地を求めた。そして、日本に活躍の場を移した外国人選手も多い。それぞれのチームで彼らはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

【動画】J1ポジション別ベストプレーヤー

ジョアン・シミッチ

MF:ジョアン・シミッチ(リオ・アヴェFC→名古屋グランパス)
生年月日:1993年5月19日
国籍:ブラジル
経歴
2011年~2017年 サンパウロ
2014年~2015年 ヴィトーリア・セトゥバル
2017年~2018年 アタランタ
2018年~2019年リオ・アヴェFC
第7節終了時点の成績:7試合出場1得点1アシスト

 U-21ブラジル代表でのプレー経験もあるレフティー。今季名古屋に加入すると、あっという間に不可欠な存在となった。正確なキックとビジョンでボールを動かし、計算されたタイミングで味方へ縦パスを通す。守備を無力化させられるので、相手としてはたまったものではないだろう。

 攻撃的なサッカーを展開する風間グランパスにあって、注目はジョーやガブリエル・シャビエルに集まる。また守備陣に目を向けても守護神ランゲラックが存在感を放っている。それでも、チーム全体を動かすジョアン・シミッチのキックも秀逸。風間グランパスのキーマンと言える存在だろう。

エジガル・ジュニオ

FW:エジガル・ジュニオ(バイーア→横浜F・マリノス)
生年月日:1991年5月6日
国籍:ブラジル
経歴
2011年~2013年 アトレチコ・パラナエンセ
2013年~2014年 ジョインヴィレ
2015年 アトレチコ・パラナエンセ
2015年 ジョインヴィレ
2016年~2018年 バイーア
第7節終了時点の成績:6試合出場3得点1アシスト

 高い攻撃力を誇る横浜F・マリノスに、新ストライカーが加わっている。第1節・ガンバ大阪戦ではGKを嘲笑うかのようなチップキックでゴールを奪い、さっそく存在感を示した。横浜FMはウーゴ・ヴィエイラ、伊藤翔が移籍したが、エジガル・ジュニオが新たな核となりそうな気配を漂わせていた。

 それだけに第6節・浦和レッズ戦での負傷が悔やまれる。全治は4週間の見込みだという。ゴール前での冷静さは特筆すべきものがあり、同じく新加入のマルコス・ジュニオールとのコンビにも可能性を感じさせていた。しっかり治して戦列復帰を果たしたい。

1/3ページ

最終更新:4/16(火) 10:34
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事