ここから本文です

中山雄太、ズヴォレのセカンドチームで負傷交代。シーズン終盤に向け不安

4/16(火) 20:41配信

フットボールチャンネル

 オランダ1部のPECズヴォレに所属するU-22日本代表DF中山雄太は、現地時間15日に行われたセカンドチームの試合に先発出場したが、負傷交代を余儀なくされた。オランダ『デ・ステントール』が伝えている。

 トップチームでは14日に行われたエールディビジ第30節のウィレムII戦にベンチ入りしたが、出場はなかった中山。その翌日に行われたセカンドチームのヘラクレス戦に先発で出場した。

 チームは3-1の勝利を収めたが、中山は試合の最後までピッチに立っていることはできなかった。後半残り15分となったところでピッチ上に座り込んでプレー続行不可能となり、そのまま交代となった。

 負傷の程度は現時点で明らかにされておらず、今後の診断結果が待たれる。3月31日のエメン戦でトップチームデビューを飾り、今月7日のフォルトゥナ・シッタート戦にも交代出場するなど徐々に出場機会を得ていただけに、状態が気になるところだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/16(火) 20:41
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事